スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様またバリ島へ来れますように導いてください。【最終回】

がんばればどうにかなるものである。
画像を撮り、寸法を計り、記入して、伝票と商品を引き合わせて、番号を付ける。

あぁ、無事終わったと言っていいのか?ねぇ大丈夫?ねぇねぇ? 心配だよね?誰か返事ちょうだい?
毎回毎回心配だよ。
 ほんと、毎回やっても慣れないな

コンテナ屋さんに伝票と商品を引き合わせながら説明だ。

あとはよろしく、日本でまた会いましょう。元気でねバイバイ私の商品たち。

はぁぁぁぁーーーーーー

さ、部屋もがらんと広くなった、仕事も終わった・・・。
今度は自分の帰国に向けてのパッキングだ。

送っちまえ!というようにできるだけ送ったら、自分の荷物が軽くなった。
いいのかなぁ?これで。忘れ物はない?

ならば、あとは食にはしるべきっ

1534.jpg


サテ屋さんの香りのよいココナッツの殻・・・の隣の ちょっとどんなものなのよっって気になっていたのを頼んでみる

1586.jpg

でかいっ!( ̄ω ̄;)!!

私、実はつみれとか練り物苦手なんです。

でも、地方に出かけたときにこれ食べないとあと食べ物ないかも?
なんて思って食べてから、だーい好きとは言えないけど、問題なく食べられるようになった。
好き嫌いはいけないよね

何日も食べてないしっていう昔の経験があって、その時は帰国時に5キロ痩せて帰ったっけ。
ピーナッツとビールだけだったな。7日間の滞在でやってたなー

帰りの機内食にあ・・・おいしいって舌に染み込む感じにじわりと涙ながしたっけ。
情けないでしょ?

そんな経験を踏まえてなのか?
今じゃ大変よっ 3キロぐらい育って帰るからww 

かといってこのつみれみたいなのはふつうのバクソ(つみれ入りで春雨とちょっとした刻んだ野菜が入っているスープみたいなもの)
バクソのどんぶり(これかわいいよね♪)入れてみたら入りきらないあふれちゃう
2つに分けての食となった。

1592_201408190907241d9.jpg
でかいので画像もでかくしてお届けいたしますw

いや。。。食べられないわ これ 多いよ( ̄ω ̄) わかっていたんだけども、
よっぽどお腹が空いていたのかこのでかいつみれに心奪われてしまってたの
自分の食べたいサイズとお腹のキャパの差を感じた

半分残しちゃった・・・ごめんなさい


時間が過ぎれば、あんだけもう一口も入らない!ってげふげふしていたのに、夕刻ちょっと腹が減る。
不思議だなぁ

フライトは深夜 出発前にもう1食食べておかないと、飛行機の中では軽い夜食だけで、朝のご飯まで何もない
深夜の夜食は パンだったり、ロールケーキみたいなやつだったりとそんな感じだ。

P0906.jpg


これで食べ収め

ミーフンゴレン・スペシャル--- ビーフンのミーゴレンバージョン スペシャルは卵乗っけ わかりやすく言うと焼きビーフンって言った方がいいかな?

P0907.jpg

あちい、あちいと食べて汗をかいてふぅーーー・・・ 夕方の風が気持ちよくて空を見た。

そっかーーー帰るのか?日本に

今回は充実したバリだったなぁ 
コモドドラゴンに会えたし♪ またあんな旅をしたいなぁ

1581.jpg

↑クレーンに釣られるお月様

夜10時宿を後にする

バイバイまたね。スタッフにさよならする。

乗ったタクシーが空港へ向かう、このまま空港じゃなくってさ
逆の方向、シガラジャなんかに向かってくれないかなぁ?

バリ島を離れる時はいつも悲しくなる。
バリの神様 また私がこのバリ島へ来れますように導いてください。
長い長い夢を見ていた そんな感じだった。

おわり


長い長い夢だった滞在記 書き終わるまでに1年以上もかかってしまった。
お付き合いいただきましてありがとうございました。

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 一人旅 レギャン クタ 交通手段 ローカル食

そんな都合よくいくわけがない。

たまった洗濯物をランドリーに出しに行く
「久しぶりね。貯めたねぇ」
とお店の女の子に洗濯物を計りにかけてずっしりとした重さで言われちゃう。
(ここは重さで料金が決まる。1Kg=10,000Rp)

ロンボク島やコモド島やらと船で出かけた時の洗濯物、実に1週間分 ( ̄▽ ̄)ゞへへへへ ばっちいばっちいw

1531_20140803231136410.jpg


乾燥機を使うので早い。朝出すと、夕方にはきれいにたたまれて出来上がっている。

帰国する直前にランドリーに出して、私の場合は冬にバリ島へ来るので当分夏物は使わない。
そのままきれいにたたまれた状態で日本に持ち帰り、夏までしまっちゃう。

帰ってからのお洗濯物って何かと大変よねー 

さてさて、今日はオーダー商品のピックアップだ。
ちゃんと、出来上がっているだろうか?問題はなかっただろうか?

一応、電話を入れてからバイクでぶーーんと出かける。
相変わらず、クタやレギャンの街は混んでいるなぁ

お店について、出来上がりのチェックなどをしていると、音楽が聞こえてきた

「もしかして?」

警察や交通整理の人たちが車やバイクを止めたりした後、ゆっくりとやってきた


1561.jpg


この日はとにかく暑かった。アスファルトも溶けちゃうんじゃないかってぐらい。

1559.jpg


1563.jpg


早い早いっ 早足で通り過ぎてゆく
バリ人こんなに早く歩けるんだ~ (←失礼・・・いつもゆっくりだからさー)

そして、行列が行き終わった後は・・・

まず、バイクの大渋滞

1566.jpg


その後に続いて、車の大渋滞である

1567.jpg



げほげほげほ・・・空気が悪い 排気ガスで喉が痛い

道が空いたのを見計らって、バイクにピックアップ商品をガンガンと積み込む。
足元に積み込んで両足で挟み込み運転。
リアには紐でがっちり止めてもらう。

1569.jpg


かなり、ゆっくりゆっくりと走る トットトトトトト~・・・

これを2往復

撮影などで夕方ぐらいからはもう部屋に引きこもりである。
いきなりのインドア人間

撮影には不向きなお天気がやってきては困らせる。
やだっまた床を拭かなきゃ・・・ 雨でぬれちゃったよ・・・

かと言えばとっても良いお天気の誘惑「ちょいと、海まで散歩しませんか?」なんてね

あぁ・・・もうちっと時間が欲しいっ

1週間以上も遊んでてそんな都合よくいくわけがない。
頑張んなくっちゃな。。。日本に送るのに残りあと3日・・・
いや、3日もない あぁ 
もし間に合わなかったらどーなるのかなぁ?
などとTVをBGMに伝票に記入しながら考えてみたりもしてる。
そのまま伝票を枕にして寝てたりもする。
印刷の質が悪いので、顔がコピーしてくれている。

本当に、終わらなかったらどうなるのかなぁ?
一度ぐらいどーなるかやってみる?悪魔がささやく
あーそんな恐ろしい事、考えちゃだめ


テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 クタ レギャン 一人旅 交通手段 お祭り

バリ島滞在記2012 バリ島はどこか華やかだな

なぜだろう?バリ島へ戻ってきた瞬間に感じたよ。
バリ島ってカラフルだってこと。そして、湿気がロンボク島よりあるって事。

カラフルなのはきっとお祭りがあるからなのか?家先にチャナンが必ずお供えしてあるからなのか?
どれがって表現できないのだけれども、華やかなイメージを感じる。

1516_2014073000005219c.jpg


ほらほら、戻ってきてパダンバイあたりからもうお祭りだ

1522.jpg


バリ島はお祭りが一番優先とされるから、どんな幹線道路であろうと、ここの道がふさがってしまうと抜け道も迂回路もなくともゆっくりゆっくり歩いて行列を行う。

それに巻き込まれた私たち。
もーー気の短いドライバーは細い道をぐるぐると走り回り、クラクションを鳴らしまくり・・・
結局、そのまま渋滞でじーーーっとしていた方がよかったんじゃいかって思うほど時間だけがたつ
出てきた道で「え?結局あんなに走ってここへ出たの?」無駄なガソリンを使ったんじゃないかって。
それはドライバーには言えないけどね

1524_20140730000055470.jpg


もう、ロンボク島へ向かう時と同じ
クラクション鳴らしまくりのどけどけ車は怖い運転をして、足にずっと力を入れてないと飛ばされそうなスピードだった。
(もう次回からは違う方法でパダンバイへ向かいたい・・・(T∇T)あぁ、怖い 命ほしいです。)

たぶん、私の予想だけど、早く私たちを届けたら早く終わる仕事なのか?早けりゃ、金になる仕事なのかなのかな?
とにかく飛ばして怖い

命拾いした私が宿へ帰ると、宿の犬がすねて(?)いた。

1543.jpg


っていうか、1週間で忘れたか?
名前を呼ぶと声で思い出したのか?尻尾を振るか、走るかどっちかにした方がいいよって思うのだけれども、おしりふりふりの情けない走りで、やってきては立ち上がって喜んでくれた。

「お土産はないよ」

宿には宿泊者がだれもいなくて、ご飯のおこぼれをもらえる人がいなかったのだろうか。下したリュックを匂いかいでた。ポテチの匂いかな?

1546.jpg


さあさあ、お休みはおしまい 明日からピックアップ頑張らないとね。
とりあえずの一人ただいま、無事帰還ということでビールを部屋に戻らず開けて飲んで、落ち着いて部屋に帰ると、居たっ久しぶりに見た!

1556_20140730000137ab2.jpg


白いメスのカブトムシみたいなやつ

これを見ると、なぜだかよいことがあるのだ。個人的な偏見です(o^∇^o)

是非今回もよいことが、これからもよいことがありますように♪



テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 一人旅 クタ レギャン 交通手段

パダンバイへ着いたのはいいけど

いや~~帰りは早い♪ 外を眺めていたら、(ほかのスピードボートとかもすれ違ったりするので楽しい)到着。
自分の荷物を持って、外に出るとまた桟橋の上はごっちゃかえしていた。
これから乗る人、降りた人・・・

1511_20140615000329333.jpg


さて、さてだよ?ここまでついたのはいいけど、こっからクタまで行くにはどの車に乗ったらいいのか?
そこの前にどこへ行ったらよいのか?

流れに乗って歩くと、一緒にプラマ社のコモドツアーに参加した仲間(ほら、ゲリーが一緒の船に乗って生活をした人はファミリーです。って言ってたから)
発見

すかさず、追いかけて聞いてみる。同じ行先であれば頼もしい。
ねぇ、ねぇ、これからどこへ行くの?

「ウブド」

あちゃー残念 (* ̄ρ ̄)”ほほぅ… 元気でね バイバイ よい旅を!なんてお決まりの言葉を並べてさようなら。
もう、仲間は誰一人いなかった。なんだか本当にバラバラになったね。


1513.jpg


結局、クタへ向かうプラマのツアー参加者の中では私一人になった。これは意外だった。
ウブドへ行く
チャンディダサへ行く
ロビナへ行く
サヌールへ行く

バイバイね みんな 本当にここでお別れだね。

こうなったら、うーーん、えーーとなんて言ってられん!!!
押し気味で行かないと負けちゃうよ
負けるもんかっ 日本人だってぐいぐい行くからねっ

誘導しているような人(制服もないしわかんない)ローカルの人に高速船に乗ったチケットの半券を見せる。
クタまでなんだけど、どこへ行けばいいの?

指を差されて
「あっち」

ずんすん進む

また車がいっぱいだし、どれだかわからない

「あっちの方」

進む、半分、負けるもんか~!って気合だ。
また聞く、

「この車」

よしっ!!!

しかし・・・いっぱいだよ。この車って8人乗りぐらいでは????

乗れ乗れ乗れ!!!とドライバーらしき人が言ってる。
大人3人のところ4人 

それもの私が乗るスペースがない・・・ うむむ

1515.jpg


で、運転手にどーすんの?私もクタいきななんです。乗れないのですか?って話をしてみたら、あらら冷たいわ
じゃ、あっち なんかあっちだそっちだって・・・もし、本当に乗れなかったらどーするんだろ・・・

荒いなぁ 負けるもんかっ

あっちという方の車へ もうやけっぱちだ
チケットを見せて「クタへ行くのよどれに乗ればいいの?」ってなんだろうな怒ってはいないです。でも自分でちょっと強めに言ってみたけど、小心者なので、あ、ごめんなさいなんて付け加えたりしてました。

でも、日本人並みの優しい言い方で、待つような言い方ではだめかも?と悟りまして。
自信を持って言ってみたわさ

じゃあ、あっち またあっち???・・・本当に乗れるの?ねぇ
こりゃ大人しい人だったら無理かも・・・

あっちっていう先言ってみれば、今来たところを指さし「あっち!」という おいおい ってか、そのあっちでここって言われたんだけど、さすがの私もあきれた

そうかと・・・ならば、乗れというけど、すでにパンパン
助手席の女性の横(運転者+2名)となる
隣になる女性が華奢な方でよかった。。。

出発、隣の人の足がくっつこうが、のしかかろうがそんなの気にしてられません。そんな状況
クタからパダンバイへ来た時よりすんごいわ・・・。

運転手、出発の時間なんてなさそうだし、知らされてないけど、ものすごく急いでる感じ。
ボートから降りて「おトイレに行こう」なんて思っていたら、出発されていること間違いなし。

また来た時みたいに事故にならなけりゃいいけど・・・・

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 交通手段 一人旅 クタ レギャン バイク旅

コモド・ドラゴンに会いに行くぞ!#56 バリ島への高速船乗り場

来る時は港に到着すれば予約してなくても、タクシーなんてあるんじゃないの?なんて軽い気持ちで考えてたのは今となると「おー怖い」考えだったと思う。

1475_2014060510073518e.jpg


確認もしないで、島に渡ればどーにかなるでしょ。宿までどーにか行けるでしょなんて、
ついたとたんにプラマ社が迎えに来てくれていて、(来てくれるんだというのをその時初めて知った)よかった。
結構、距離あるよ。

かといえば、帰りの船乗り場までプラマのバスで送ってもらうと、バスはバイバーイってなもんで、さっさと引き返していってしまった。

どうすんだ?
大きな荷物を持って降りたあたりに、どっさりとバッグを下ろすと、隣でタバコを吸いながらコーヒーを飲みながらトランプゲームをしていたお兄ちゃんが「おっと、」という風に気が付いてやってきた。

P0900.jpg


なんだか、これから港用の建物でも作ろうって感じなのかな?
いいのになぁー なんにもしなくって お願いだから自然のままにしておいてほしい。

1487.jpg


え?ここが受付?って感じのこの意外性がよいよー 
ぼろぼろのノートを見ながら今日、乗船する人をチェックしてる。
ノートに私の名前もあってちょっと安心♪

1485.jpg


しばらくぼけーーーっと、日陰で座って、にゃあにゃあ来た子猫などと遊んでいると、(しばらくというよりもかなり)

1496.jpg


来た!

もちろん、とってもナチュラルな港(?)には 「どこどこ行きの船が到着しました~乗ってください」なんていうアナウンスもなく、

「これ?」と聞いて乗り込む

1497.jpg


足を滑らせて、船から落ちちゃうかも?ってぐらい細いステップをよいっしょと登って、乗り込むとギリ島からの乗客で満席の状態だった。
友達と一緒にバリ島やロンボク島やギリ島を周っているんだろうな。
わいわいと若い人達でいっぱいだった。

1503.jpg


薄っぺらいシートの座り心地はお世辞にも座り心地がよいとは言えず、船はスピードを出すと、ちょっとお尻が浮くような感覚がする。

ロンボクへ来る時は バリ島パダンバイ→ギリ3島を経由してロンボク島へ入ったけど、帰りはロンボク島から直行でバリ島へ到着らしい。
どうやら私が利用した何ヵ月後にはバリ島からロンボク島への直行路線が出来るというポスターが船内に張ってあった。

1498.jpg

楽しかった楽しかった 行ったこと無いところ、知らないところいくのってドオキドキで不安だけど、それがまた楽しい。
帰るってことになるとちょっと寂しい、いや、だいぶ寂しい

1502.jpg

船の上に乗って投げ出す素足がこれまた気持ちよさそうだった。

長い「コモドドラゴンに会いに行くぞ!」だったけれど、どうもありがとう
いろんな楽しいこと驚いたこと、感動したこと色々たくさんあったので、どれもこれも書き留めたいと長くなっちゃった。

次からはバリ島のパダンバイについてからのお話になります。


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 宿 一人旅 ロンボク島 プラマ社 コモドドラゴン

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。