スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリの料理に欠かせないもの サンバル

料理も焼きそばに似ているのもあるし、チャーハンに似たのもあるから、味も日本に近くて食べやすいと思う。
違いはサンバルがきいてて辛いかな?でも、これがないと料理が引き立たない。

お手ごろに日本で味を楽しみたいのなら、ABC(アー・ベー・チェー)のサンバルシリーズ
これなら日本でも輸入されて最近は手軽に手に入るようになったと思う(^^)

ABC
(一番右の赤い奴ね♪)

はじめの頃はすべてがこの作られて市販化されているサンバルが日本でいう
お醤油(?)とかにひってきするものだと思ってました。

昔、チャンディ・ダサでワヤンさんが
「豚が生まれたから見に来る?朝ご飯も食べに来ない?」という誘いに
甘えて遊びに行った。

これから作るから待っていてね。その間にどうぞとバナナ4本とコピを出してもらった、
一番下の子供がサンバル材料をカゴに入れて、石臼を運んで、その前にどっかりとあぐらをかき、
サンバルつくりを始めたときには「おお!」
サンバル作ります


なんでかって?自家製でも、これまた日本の辛味噌とかのように、
作り置きしてあるもんだと思っていたから、一週間に一度だけなのかと思ってたの。

「朝にその日のサンバルを作るんだよ。毎食事に作る家もある」

唐辛子は生のままではなく、少し焼いたほうが辛味がでるんだ。うちは赤い唐辛子は2種類のブレンド。

いかにも辛そう・・・。


なんて、サンバル係りの彼がいろいろと説明してくれた。

赤玉ねぎ、青い唐辛子も入れる、ぐりぐりとすりつぶしながら、

「これは必要不可欠!日本のでしょ?」

どっさりの味の素。味の素を知らない人はいない。すばらしき日本製品

と、口や目、鼻の中まで辛くなってきた・・・辛い!辛い!。くしゃみ!!!

サンバル作る彼はなれているのかと思いきや、遅れてくしゃみ!!
近くにきたワヤンさんもくしゃみ!!ワヤンさんの奥さんもくしゃみ!!!

みんなでくしゃみ!!笑った。

かつおに似た魚を丸ごとと白いご飯にサンバルを大量に添えたシンプルな食事なんだけど、そのサンバルはとってもおいしかったのを覚えている。

ミーゴレン、ナシ・ゴレンもナシ・チャンプルもミー・アヤムもやはりサンバルがあってからこそのインドネシア料理
ご飯もお店によってサンバルの味が違うから、
あそこのサンバルがうまいという理由で、お店を選ぶ人もいる。
(私もサンバルで選ぶ派(^^)

なぁ~~~んにでも入れちゃうんだ。それでもちゃんと好きな量を入れて食べられるように、添えてある。
辛いのが苦手な人は入れなくてもそれはよし。
お持ち帰り(ブンクス)にも、ちゃんと好きなだけ入れて食べてね♪というように、小さなビニール袋に分けて入れてくれたりもします。
分けられないところは、「サンバルいる?」と必ず選んで、包んでくれる前に聞いてくれる。

そうだなぁ~インドネシアの料理ってサンバルだなぁ と、思う。

ちょこっとだけ、バリ雑貨Cicak!で秋物UPしました(^^)遊びにいらしてくださいな。

バリ雑貨Cicak!(チチャ)
スポンサーサイト

テーマ : インドネシア
ジャンル : 海外情報

tag : バリの料理

バリの屋台 「ガドガド屋さん」

バリでは「元気?」(Apa kabar? アパ カバール?)の後によく使われる挨拶に

「もうご飯食べた?」(Suda makan? スダ マカン?)って聞かれる。

その後の会話の流れは「何食べたの?」「ミー・アヤムよ~」「私もミー・アヤム食べた♪」「どこで食べたの?」
「どこどこの知ってる?あそこのはおいしいよ」なんて話が始まることが多い。んで、情報交換にも

結構、朝抜き、昼も食べそびれ・・・なんていうのが当たり前な私のバリ滞在。
お返事は「まだ、なの・・・」(Belum makan. ブルン マカン・・・)が多い。

工房周りをしていると、何でか「元気?」の後に、「ちょっとここに座って待ってて!」といわれて、
いきなりどっか行ってしまう。

帰ってくると何かしら、手に持って来て
「一緒に食べよう♪」って行くからね~と言う時間に合わせてご飯を食べるのを待っていているのかな?

ご飯をご馳走になることしばしば。本当にいつもバリ滞在の時はありがとうなのです。

今回、初めて「へぇ~~~これも売りに来るの?」というのが、

「ガド・ガド屋さん」

ガド・ガドってゆで卵&温野菜などの上に甘~いピーナッツのソースがかかっているサラダの部類に入るかな?それ。

でも、ガド・ガドって絶対そういう甘~~いものだと思っていたけど、
バイクで売りに来たガド・ガドは「ガド・ガド・アシン」(アシンは塩辛いという意味です)というらしい。

ご飯とは言えないけど、これも小腹空いた時に食べる部類か?しかし、結構ゆで玉子丸々1個が腹に来そうだな(⌒-⌒)
見た目、玉子1個と断面四角の太め固め春雨と、なんだろう?固めの餅?かけたソースにピーナッツの粗くつぶした粒が見える。
これまた量も少なくてすぐに食べられそうな気配なのだが・・・・

ガドガド・アシン

ガド・ガド・アシンは初体験

一緒に食べようようと、面と向かって座ると電話。
電話の間待っていようと思ったら、先に食べてというので、言葉に甘えて食べ始めた。

(うわっ!か、辛い!しょ、しょっぱい・・・
ゆで卵を崩して食べるとどうにかだった。

私は結構、そういう味はほぉ~こっちの人はこういう味付けでこういう味が好みなのね♪と受け入れるタイプなのと、あまり食にはうるさくない。

辛いのも平気だけど、これは辛い!!鼻水垂れる。舌が痛い。汗がどっと出る、しかもしょっぱすぎる、しょっぱいのはつらい。

しかも、太い春雨・・・噛み応えがあり、あごに力がはいる。固い餅・・・こんなに要らんなぁ。
重い食べ物だ・・・腹に来る。

食べ残せない性格。ちょっと半分から辛くなる。
お水をガブガブ。

電話が終わったママがガドガドを食べ始めた。パクリ~

「カッ!何これ?何?辛すぎる!キョウコ食べなくていいわ!おいしくない!」Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ひょえぇ~~そう言われても(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

「初めて甘くないガドガドを食べたから、もう少し食べるね」水をゴボゴボの見ながらゆっくり食べてた。

ママは食べられないみたいで、半分もしないうちに残して捨てたΣ( ̄ロ ̄lll) これまた大胆な・・・。
捨てたと思ったら、「ちょっと、行って来るわ!」と言って、
もしかして文句を言いに?

まだ、外に居るガドガド屋さんに何か言っている。
・・・・なんだけど、和んでいるというのか?他に買いに来た人と、売りに来たガドガド屋さんと
店先で立ち話をしている。

ガドガド屋さんを囲んで井戸端会議


なんていっているのかは聞こえないが、その間1口、1口と時間をかけてこのガドガドをやっつけなければと、
食べて完食した私

「キョウコ、全部食べたの????」

「ありがとうね(^^)お腹いっぱいになったよ」と、言うと、

「日本人はこういう味が好きなのか?」と聞かれた。

好きではないとはいただいたものに言いにくい・・・なので、

「日本人はいただいた物は残さず食べるというのが礼儀と言われているんです。」と、言ったら

( ̄▽ ̄)ホー と感心(?)され、

「インドネシアは無理して食べないわねぇ 食べたくないとか、食べきれないと残したものは 捨てるの。

「その捨てたものを食べる犬とか猫とか虫がいるでしょ?
それらが生きていくのに自分のご飯を分け合いながらっていうの?ご飯を残してもいいのよ。
いつかそのあげたご飯によって、また自分がご飯を食べられる順番がやってくるのね。
ご飯をすべてを綺麗に食べるってことはあまりないわねぇ~」

「キョウコ、意味わかるかな?言葉わかるかな?たとえば、虫がそれを食べて、その虫をニワトリが食べるわけね、そのニワトリが私達のご飯になるわけ。わかる?その繰り返しなのよ」
(絵に描いて説明してもらったw 虫の絵とニワトリの絵と人間の絵を丸くぐるぐる繋いでいた)

私が( ̄▽ ̄)ホー と感心した「お~スダ ムングルティー!!!(理解したよ~)」食物連鎖的考え方だ。

たしかに、皆様ごはんの食べ方あまり綺麗とははっきり言うと言えない。

私は最後の1粒のご飯まで残さずに食べなさい。
作ってくれた人はこの1粒のお米を作るのにどれだけの苦労したのか、食べてくれると思って作ったのだから感謝しなさい。そういわれて育った。

ニュージーランドに行ったときもまず食べられないっていう量が出てきたのにべっくらこいた。
一生懸命食べ、(あれは辛かった)綺麗になった皿を下げに来たときにお皿を見てウェイトレスさんが言った。

「足りませんでしたか?」

「とってもお腹いっぱいになって満足しました。おいしかったです」私はおいしかったか、満足できましたか?の意味に取っていた。

それの話は後日、現地の方と料理の量の多くて、いろんな種類を食べたくても食べられないって事をおしゃべりの中で話たのだが、

「いいえ~ここの国はすべて食べると、足りなかったのでは?とご馳走した側が思うんです。
なので、少し残したぐらいがもう十分にお腹いっぱいですという合図みたいなものなんですね。」

( ̄▽ ̄)ホー そうなのかぁ 中国もそうだって聞いたなぁ こちらはおもてなしの意味 それかぁ

お国により違うんだなって思いました。

しかし・・・きっとすべてのガド・ガド・アシンはこういうのではないと思うのだが、
(いや、きっとおいしいと思うのはあるんだと、これで決め付けてはいけないよなって思うのですが)
もう・・・いいかも?と思いました。

次の日、お尻が痛かった。

バリ雑貨Cicak!(チチャ)

タバナン焼きでコーヒーブレイク/特別セット
バリの陶器 タバナン焼き 期間限定セット販売 商品を追加しました♪

画像バリ雑貨Cicak!(チチャ)のオリジナル組み合わせセットです(⌒-⌒)

お店はこちら

テーマ : インドネシア
ジャンル : 海外情報

バリの屋台 「バクソ」

髪の毛もボーボーで我慢しきれなくなって、カット受付時間ぎりぎりに駆け込んだ。

そこで、お話しているとカットの担当の方とバリの話になって
「バリへ行ったことあるんですが、ガイドの人に屋台やローカルのお店ではできるだけ食べないようにしてください。お腹を壊すかもしれませんと、言われたんです。」

私もたしか初めてバリで言ったときは言われたっけ。

「現地へ行ったら、やっぱり現地のものを食べたいですよね~」

たしかにそう、観光旅行者向けにレストランはもちろんあって、インドネシア料理もあるけど、それでもOKでだろう・・・。
が、一回、ワルンや屋台でご飯を食べてしまうと、味の違いに感じる。

私の場合、なんでもっと早く食べなかったのだろう?と後悔した。

その場で作ってくれます

何回かバリへ行ったから体もなれたから大丈夫になったのか?
それとももともとそんなに心配するものではなかったのかは不明

特に春雨いりの鳥ガラスープ「バクソ」は小腹がすいているときにはもってこい。
あれがなくては~と私には必要なのです。

お昼ごはんを食べ損ねると、今ガッツリ食べると夜食べれないし、寝る前に腹がすきそう。
そんな悩んでいる時間3時から5時ぐらいの「小腹減った」時間に
おわんをスプーンで鳴らしてやってくる
「カンカンカン!」
この音がやってくれば、反応しちゃう

たしかに物足りない、でもそれが本当に丁度いい。

ケチャップ・マニスをかけて「サンバルはいるか?」と聞いてくる。

おわんの上に添えたスプーンの上にサンバルを別に乗せてくれて、分けてくれるところもある。

現地の人は意外と辛いのだめって言う人もいます。
いらない人は道にサンバルを捨てちゃう・・・。

Σ( ̄ロ ̄lll) えええ、そんな・・・作ってくれた人の目の前で・・・。

小腹が減ったらミーバクソ

ちょっと硬い春雨(?)「牛にする?「鳥にする?」と見た目ではわからない つみれをいれてくれる。
トリガラでとった熱々のスープを
千切りにしたキャベツとその春雨にかける。
熱でしなしなになったキャベツがほどよくしゃきしゃき感が残っていてよい

ワンタンの挙げたのがあるところはうれしい。
欠けているおわんもそれもそれでまた、味である(^^)

おいしい~~のです。
これで腹を壊したことがないので(私ね)、ぜひとも試してほしい「バクソ」です。

「カンカンカン!」聞こえるとどうしても、その姿を探してしまうのです。

その近くに腰掛けて、食べていると、
「バクソ屋」のおじさんはタバコをふかして、のんびり食べ終わるのを待ってくれてるのも、なかなかのんびりしていていいのです。

バリ雑貨Cicak!(チチャ)

テーマ : インドネシア
ジャンル : 海外情報

バリのお塩はうまいですよ♪

パソコンのハードディスクが老朽化・・・。

やってきましたとうとう、その老化が。長年PCと一緒にお仕事していると、
「あれ?なんかいつもとちがうな?」というのがわかるようになってきたようで、早急に対応するようになった。
でも、昔は
朝、一番でPCを立ち上げると・・・電源が入らん・・・OSが立ち上がらん・・・バックアップが・・・
<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!

というより、

 あ・・・ ( ̄◇ ̄;) ・・・どうしよ・・・スミマセン電源だけでも入ってくれませんかね。。。?
頭まっしろでした。凹みます。

今回はお仕事中に電源がいきなり落ち、再起動する。それが頻繁になってきた。
暑いのもあんだろうし、HDDがもう・・・結構使ってるからな。

夜中に車でわざわざ仕事終わって疲れているのに次の機種を持ってきてくれた友人。本当にありがとう。無事、仕事できている。

だったわけさ~

さて、話は飛ぶが、バリから帰るときに「日本語教えてくれてありがとう」と塩をもらった。
バリの塩はうまい♪
必ず行ったときは買って帰る。
これからバリに行く人はぜひ♪

お土産にってくれたお塩はめっちゃうれしい品
塩田から直接とって袋に詰めて、という段階だけのもの。
まだきれいにお掃除されてないのね。
塩田もバリには何箇所もありますよ~ 場所によって味が違うのも面白いです。
同じ海からの贈り物なのにね。

お土産を閉まっちゃうとそのままにしちゃいそうだからと、思ってキッチンの目に付くところに
「塩のお掃除~塩のお掃除して~」とその塩が言っている!ときにかけながらも、早1ヶ月が過ぎた。

思い切ってやろう!と、実行

こんな感じで、真っ白というよりも少しくすんだ白色で、黒いものが見えます

バリのお塩をもらいました。

お湯を沸かして、そのお塩を入れて溶かすと~~
出てきます。ゴミさん達(⌒-⌒)

バリのお塩きれいにしましょう

意外にも結構出てくるものです。

これを一番手っ取り早いのが、コーヒーのフィルター♪
漉します

んで、漉し終わった塩水を再びお鍋にあけてクツクツと煮てお水を蒸発させます。
これがなかなか時間がかかるものです(⌒-⌒)

バリの塩を煮詰めてあと少し♪

上の画像のように塩が姿を出してくると、うれしくなります。
さらに煮詰めてかき混ぜながら煮詰めます。

お掃除されたバリのお塩

出来上がり~~~真っ白なさらさらお塩ができました(≧∇≦)b

理科の実験をやっているようで楽しくなるのは変かな?
今日はこれを使って夕食は何を作ろうかなぁ~

なめてみると、塩だからしょっぱいのは当たり前なんですが、ほのかに甘みを感じました。
おいしい~~~♪
バリのお塩大好き♪
お砂糖だけじゃなくってお塩入れもいいですよ~

シュガーポットの名前でお店に出してますが、お塩ももちろん使えるタバナン焼のポットありますよ~
ココナッツのさじ付き♪
あ、宣伝入った?( ̄▽ ̄)ゞ バリ雑貨Cicak!タバナン焼シュガーポット 

そうそう、クタビーチ!
昔、一緒に行く!ってバリへ行った友人2人に海を見せに行ったの。
そしたら、いきなり手ですくってね。海の水飲見始めたの。

「あ~甘くてうまい!」 ヽ(  ̄д ̄;)ノ エエエ?ちょっと大丈夫?

「飲んでみ?」と言われて、飲んだらうまかった。
「本当だぁ~~おいしい!」

3人でひざまで海に入ってごくごく海の水飲んでましたw
お腹は壊さなかったけど、そんなことやるの初めてだったよ。

でも本当に日本の海とは違う味。海はつながっているのにね。

どれだけ買い付けた品を自分で持って帰れるかが勝負なだけに、塩は重い・・・。
なので、ちょっとだけしか買って帰れないのはとっても残念なのです。

これもまたバリへ行ったときの楽しみにしますね~~

あ、バリで売っている塩はみんなお掃除しないといけないものだらけではないので、
ちゃんとそのまま使えるのもありますからね(⌒-⌒)


テーマ : インドネシア
ジャンル : 海外情報

夕食はsoto ayam(ソト・アヤム)♪

スーパーへ行って見ると、「本日特売日」ののぼり。

骨付き鶏肉が安かった!ラスト1パック!ってことで買い物カゴへ

入れてみてからう~ん・・・でも500gってのは多いかな?
そう思ったが、
「ま、いいかぁ~何かと使えるし」

冷蔵庫には卵、キャベツ ストック物にはいつもあるのになぜか買い足してしまう春雨。
本日はこれらを消費したいな。

と、思いついたのは

バリで沢山食べてきたのに「soto ayam」(ソト・アヤム---鳥肉入りのスープ)を思いついた。

スープものではあるけど、具を沢山入れてしまえ!
味付けはバリから買ってきた、レトルトのルー (これが結構沢山の種類を買って帰ります♪)

えっと、裏面を見て見るとお水の量が半端ない(1.5リッター!)なので半分の量を使うことにしました。
(それでも多そうだなぁ~)

オニオンフライとガーリックフライを作って、ゆで卵を作っておきます。
春雨も茹でお水にさらしておいておきます。
キャベツ(白菜でもおいしいよ)を千切りにして、これまた出来上がりの直前に入れるので置いておきます。
キャベツは沢山入っているのが好きなので、6分の1の量

soto_ayam_masakan_convert_20081204134642.jpg

鶏肉は一度ボイルしておくと油っぽくなくてよいです♪
ジャガイモも煮込んだらおいしそうなので、ジャガイモも入れることにしました。
中ぐらいの大きさのジャガイモ1個

・・・ここの時点で多いかもと気が付く。

沸騰したお水に勢いあまって500gを全て鍋に入れてしまった!
「あう!もう取り出せない」

ここからは開き直りです。
あまってもスープだし、食べる直前に春雨やらを入れるのでスープだけでも取って置けるだろう~

ジャガイモは崩れたのが好きなので早々に入れた。
辛いのが好きなので、ルーに唐辛子を追加。

コトコト煮込むこと1時間半

鶏肉がとろりと柔らかく♪お鍋の近くはバリの屋台の香りに♪


食べる直前におそばの水を切るザル(本当はなんていう名前なんだ?)で、スープに春雨、キャベツをさっとくぐらせる。

で、先にどんぶりに入れた後に、スープと具を入れる・・・・

入れたい・・・が!いつも作りすぎる私も多い!と、途中で感じていたものの

やっちまったらしい。いや、事前にそんなの分かっていたこと。

でかいどんぶりに入りきらない!やはり・・・

スープというより、ラーメン・・・。

茹でた卵にオニオンフライとガーリックフライ(ちっと焦げたw)をトッピング。
食べる前にお好みで、ケチャップ・アスィン(おしょうゆのようなの)と、本当はさ、ちゃんとしたサンバルを入れたいところだが、ABCのサンバルで我慢。

レモンをさらりと絞ってさっぱりといただきまぁ~~~す♪

他のおかずもあったけど、結局これだけでお腹がいっぱいになってギブです。

これはソト・アヤムの味が付いた・・・何者ではないかもしれん。
soto_ayam_convert_20081204134555.jpg

腹が減っている時にご飯作ると、沢山食べたいってどうしても大量になってしまう。

普通はおわんにさらりと入るぐらいの量なのだがな。

味?うん、ルーを使ったから、バリでの味に近い味でおいしかったです♪

テーマ : ごはん日記(写真付き)
ジャンル : 日記

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。