スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すばらしきお天気 バイバイ支笏湖

夜中寒かった。何度も目が覚めてしまった。
持ってきたもので着られるのは着て、着られなくても寝袋に押し込んで寝た。

0422.jpg


朝5時30分 黒から濃紺へ 濃紺から紺色へ だんだんと空が明るくなり太陽が顔をだした。
昨日と同様に朝日が出るのを待ってしまった。

顔を出した太陽は支笏湖の水面を金色に染めた。キラキラキラキラキラ

0424.jpg


寒さで眠れていなかったと思うけど、この朝日を見続けているのが面白かったよ。
日に当たると暖かかったし。
早く太陽昇って~って思った。すごい寒かったから。

0426.jpg


ね?昨日の外出している間に皆様帰宅されてしまったようで、誰もいなかったのです(⌒∇⌒)
夜中真っ暗闇でした。

0430.jpg


朝起きたら歯磨きをして、コーヒー たっぷり飲みたい コッヘルの縁までお湯を沸かしてコーヒーを飲む。
いやーーー♪二日酔いにはいいですなぁ

0432.jpg


今日は昨日とは違った空の色。
しかも雲がない! すばらしい晴れである。

0438.jpg

今日、帰るのもったいない。あーーもう帰るのか。もう2、3泊したいよ。

0443.jpg


昨日の雨でびしょびしょになったレインウェアやら帽子を乾かす。
パッキングができないよーー
しかも重くなっちゃうしーーー

0450.jpg
温かいご飯ってうれしいな

といってもまだまだ7時にもなっていない。
帰りの飛行機もゆっくりだ。

テントをたたむ時(しまう時も設営するときも)雨でないことは本当にうれしい。
気温もぐんぐんあがり、ノースリーブででも汗をかくほどだった。

0471.jpg


さてと・・・・・ 支笏湖また来るからね
そうだなぁ・・・・できればまた来年の同じ時期に。



スポンサーサイト

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 バイク旅 女一人旅 キャンプ 野営 北海道 支笏湖 朝焼け 気まま旅行

20ん年前と一緒の星空の下で

着替えという着替えを持っていかなかったので、帰り道はとっても寒かった。
早く帰りたいという気持ちでバイクでぶっ飛ばした。

美笛のキャンプ場へ戻ると・・・雨はすっかり止んでいて、ならびに立てていたテントがなくなっていて、ガランとしていた。
帰ってしまったんだなぁ ご近所さん。

0394.jpg

奥に見える黄緑色のテントが私のテント。

空がちょこっと明るくなったりして。
なんと言うタイミングだったんだろうね。この雨。

0407.jpg


温まりにキャンプ場にある事務所脇のシャワーに入りに行く。
10分100円

シャワーの間に濡れたシャツやらもランドリーしておく。

0401.jpg

売店もあり、かなり調味料から道具もビールまである。

予約をすればテントまで借りられる。
今度はバイクの仲間達と来たいな。

シャワーを済ませて、売店でビールを買って、温まったのに冷たいビールを飲んでさっぱりして、明日筋肉痛にならないといいなぁなんて、売店の椅子に座りながらゆっくりしてた。


0414.jpg


夕焼けがきれいだった。
明日は晴れるな。

夕飯までにはまだ早いから、ビールも飲んだし♪

0419.jpg


じゃじゃーーーん♪ 北の誉!ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーい
一人で
お疲れ様♪ラストナイトだーーーー♪

9332.jpg


だらだらと飲んでいたら、日が沈むの早かった早かった。
すっかり真っ暗。

ラストナイトのディナーは ソーセージとパスタ♪

夜、とってもきれいな星空だった。
星が降ってきそうだった。手にとれそうだった。
天の川が見えた。水平線まで星が見えた。

流れ星がひゅんひゅん流れていた。
はじめ気のせいかと思った。

あ、と思って視線を流れたほうを見ると、もうない・・・。
お願い事なんて唱えようと思っても、あっという間になくなちゃうから、難しいね。

よかったよ。この星空がまた見たかったんだ。
この星空をお酒のつまみにして、呑んだ。

20ん年前みた星空と一緒だった。

アイヌ民話を思い出していた。銀のしずくふるふる 金のしずくふるふる

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 バイク旅 女一人旅 北海道 支笏湖 夕焼け 星空 一人キャンプ

雨の中の支笏湖カヌー塾 自分は体育会系でありますっ &チチャからのお知らせ

雨はなんだか中途半端で、レインウェアを着ても着なくても(長時間外に居たら濡れてしまうけど)どちらでもよいそんな感じ。
空も明るいし・・・これから雨は止む方向へ行くのではないかと思って、ムレるレインウェアを脱いだ。
そのほうが動きやすい。あ、さっぱり。

もう乗りたくて乗りたくてワクワクだよ。

早速、「とりあえず乗ってみましょう」と、始める前に説明してもってなわけで、説明するよりも乗ってみれば分かる。という感じから始まる「カヌー塾」

カナディアンカヌーは思っていたより大きくて頑丈だった。
進行方向の前に乗り、パドルを持ちインストラクターの方のサブ(?)として前でチョコリチョコリと漕ぐ。

0316_20121022201701.jpg

支笏湖に繰り出す。

ボートを漕ぐのは自信が有る。
子供の頃から田舎のばーちゃんちの池でボートで遊んでいた。
ボートといってもカヤックでもない、公園とかにあるオールが固定式の後ろ向きに進むタイプ(正しくはなんていうのかな?)

それがだよ。パドルを1つだけで漕ぐ。
進行方向は自分が見えている方向・・・まったくいままで漕いでいたボートとは違うのだ。
パドル1本で片側だけを漕ぐってさー ぐるぐるまったりしない?なんていう疑問も出てくるわけよ。

0323.jpg


支笏湖は雨模様であってもまるで南国の海のようにきれいな・・・なんていうかなボニン・ブルー(父島とかでみられる深くて濃いブルー色の海)
田沢湖(秋田県)に続いて、二番目に深い湖支笏湖
一番目っていうのは知っているもんだけど、二番目ってなかなか知らなかったりする。

0326.jpg


ちょっくら漕いで(漕いで貰って)こんな感じ~ってのを湖の上で体験してから、岸によせてお茶だ!
おっされーーー(おっしゃれ)
ティータイムっていうのかね?( ̄▽ ̄)

これだけを楽しみにくる人もいるらしい(そういう、カフェ・カヌーという短いコースもありました)

0329.jpg


雨・・・やまないっすね・・・ 晴れた日はどんな感じなんでしょうか?
これはこれで全体がモノトーンでいて、美しい景色でもあります。

寒くはないので、雨でも平気。

0331.jpg


暖かいコーヒーをいただいて、また今乗ってきた場所へと戻る。
戻りは私が漕ぐ、そしてインストラクターさんがぶれた進路を修正してくれるといった具合。

「カヌーじゃなくとも舟とかカヤックとかやったことあるんですか?」

いえ・・・お池のボートだけです(´Д`|||) カヌーもカヤックもやったことありません。

「なんか、慣れてますねーー」

( ̄▽ ̄)ゞへへへへっ そーですか? 調子に乗ってしまうのでそこら辺で褒めるのはやめて置いてくださいね。うふっ

0333.jpg


さて、出発点の支笏湖の支流にもどり、私が乗ることになったのはこの、湖と同じ色をしたカーヌー。
一人でこんなでかいのうまく漕げるのかなぁ?
心配だったけど、たしかに理屈を言われるよりも乗って動かしてみたほうが分かりやすい。

0348.jpg
↑大股でございます

川の流れが少しあるので、川に逆らって泳ぐにはちょっと力がいる。
よいしょよいしょ。

0346.jpg


たち膝で漕ぐ場合も教えてもらった。
「なんていうかなぁーー 肩に力入ってますよー もっと力抜いていいですよ。硬いです。はい」
(⌒∇⌒)はーーいいぃ

返事だけはいいつもりだ。体の硬い私には「力を抜く」というのはなんかどーしていいのだろう?

0355.jpg


だいぶ午前中だけで、好きな場所へ動けて遊べるようになった♪
向こう岸でインストラクターさんが呼ぶので行ってみると・・・よいしょ よいしょ

0356.jpg


きれいっ! 底から青い光が出てる!
どうやら「青の洞窟」のあの現象と似た現象らしいのだ。

カヌーが浮いているみたいに見える。
じゃぁ、水中はどうなっているの?

カメラを水中へバシャ!

0357.jpg


ヽ( ´ ▽ ` )ノ きれいきれい クールバスクリンみたいだ。

0369.jpg


雨は止んだり、降ったり・・・一日中こんな感じなんだろうなキット。
でも、レインウェアを脱いで来ちゃったから(パンツだけは履いてきた)ウィンドブレイカーだけでびしょびしょ。

お昼をいただく

0372.jpg


川岸で人も歩いていくのも困難な場所へカヌーを止めてランチだ。
コールマンのテーブルを広げて、バーナーでウィンナーを温めてくれて♪

0373.jpg

ソーセージの豚腸以外はすべて北海道産らしい♪
パンもソーセージも手作り、もちろん他のお料理も♪
少し体が雨に打たれて冷えていたのでうれしかった。

コリンキーという名前のかぼちゃ♪ 美味しかった。

パンも美味しくってたくさん食べちゃったよ。パンもソーセージもびちょびちょになっちゃってもったいない。

09307.jpg

食べ終わる頃に雨がひどくなる。
インストラクターさんは
「あぁ、タープをやっぱり持ってくればよかった」というけど、私一人しか居ないし、お昼食べるだけだから必要ない。

0383.jpg


でも、雨の景色もきれいだな。
晴れた日にもう一度来たい。
そして雨と晴れた日のここの景色を見てみたい。

09009.jpg
↑ポールを沈めて目印にして、ちゃんと習ったいろいろな漕ぎ方の試験ですw

川は底が見えるぐらいきれいで、魚が泳いでいるのが見えて、ちいさなエビが水草につかまってて隠れている振りしてたり。
カワウがジャバ!っと川に潜ったと思ったら、別の場所から出てきたり。 それを追っかけたり。

09034.jpg

いつもテンションが高い私は雨とカヌーの面白さでさらにテンションが高くなる。
ものすごい雨に笑うしかなかったりしてっ あーーーははははっ
こんなにびしょびしょになるなんて、びしょびしょになったまま遊んでるなんて、子供の時以来だよ。
たのしいーーーっ ヽ( ´ ▽ ` )ノ  あーーははははは

0366.jpg


また来るよ。またカヌーのりに来るよ。

支笏湖 かのあ
 「カヌー塾」9:00~15:30 

お世話になりました。かのあさん

9005.jpg


いつかはカヌーにテントを積んで釧路湿原を眺めながら、釧路川を下るの
ゆっくりゆっくり下って、好きなところ見つけて今日はここでテント張って過ごそうって。

その練習。
そうまずはちゃんとカヌーが漕げないとね。

がんばろーー

-----------チチャBali.comニュース----------寄ってらっしゃい見てらっしゃいヽ( ´ ▽ ` )ノ わーい

ご連絡です。
毎年恒例のバリ島へ買い付けに行ってまいります。

10/25~12/3までお休みをさせていただきます。
長期となりますがよろしくお願いします。

その間にいただきましたご注文ですが、帰国後(営業再開してから)となります。
ご注文いただき、待っていてくださいましたお客様にはバリから「待っていてくれてありがとう」お土産のプレゼントもご用意させていただく予定でございます。

どうぞ宜しく願い致します。

(⌒∇⌒)

たぶん、この所感もたんまり予約して書いておきますので、バリに行ったのに国内の話してたりとあるかもしれません。お許しをーーーーーーー

ではでは、また。

入荷する商品を楽しみにしていてください。

いつもありがとうございます。

店主 長谷川 恭子

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 北海道 支笏湖 カヌー カヌーを習う バイク キャンプ 女一人旅 気まま旅

支笏湖でカヌー塾

ぐっどもーーーーにんぐだ!北海道!
ぐっどもーーーにんぐだ!支笏湖!


びっくりするぐらい早く寝たから、びっくりするぐらい早く目が覚めたよ。
お日様を昇るところを待ってしまった。
すっきりな目覚め 目玉目覚めてまっすか♪←懐かしいCM

0286_20121022091855.jpg


やっぱりいいね。朝起きたらお外。しかも目の前に支笏湖♪
あれ?ここどこだっけ?一瞬目が覚めたときに思ったりしたw

ちょっと肌寒い気温がシャキッとさせるよ。

0284_20121022091855.jpg


歯磨きしながら、歩いちゃったりしてさー 
コーヒーが飲みたい。

0290_20121022091856.jpg


できるだけ荷物も多くしたくないのもあるし、ゴミは出したくないよね。
と、持参したのはフィルターも要らないコピバリ♪
お湯を沸かして、その中に好きなだけブブク(パウダー状に近い挽きの粉)入れてぐるぐるかき回す。
沈むのをまって出来上がり♪

腰掛けてコーヒーを飲みながらゆっくりゆっくり。
太陽がだんだん昇る景色を眺めて・・・・

ん?朝焼けだけだったのか?
雨がぽつぽつ・・・
傘をさすまででもないんだけど、雲は更に厚くなり、とうとうグレーの空に変わった。

0291_20121022091856.jpg


私のツーリング用のテントには少ししか屋根がないから(これでもあるほうをその当時選びました)
ちょっと雨が降ると食事を作るのが厄介である。

中途半端な雨 レインウェアを着て出かける。
しかし、イマイチ場所が分からない。

0304_20121022201700.jpg


集合時間も危うい。なのにやっぱり迷った。おかしいなぁ
目印を見落としたようだ。

パーキングに居た叔父さんに聞くと「あの山を越えて・・・」

山を越える?????

そりゃヤバイ!遅刻だ!

0306_20121022201700.jpg


迷っておきながらきれいなので撮影。
迷っておきながら・・・・

0309_20121022201700.jpg


自分撮影・・・・こらこら

ここか???
車は歩けど誰も居ない駐車場
一人男性が立っている。

あのーーーー・・・・ すみません!遅刻しました!
お約束時間より10分前にはつくつもりで計画し「いやぁ~~・・・30分前には到着しちゃうかもなぁ~」なんて思っていたのだけれども、早め早めで
遅刻だ3分。

0313_20121022201701.jpg

がんばりまーーーーす!自分!体育会系でありまーーーーす!
( ̄▽ ̄)ゞ


あれ?他の方々は????

「長谷川さんお一人だけですよ(⌒∇⌒)
またしてもお一人様であった。

個人授業である・・・ この時期人が少ないのですか?
いえ、昨日まで大阪から男性がお二人でしたが、今日はたまたまですね。


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 バイク旅 交通手段 カヌー 支笏湖 北海道 キャンプ 一人旅 かのあ

支笏湖へ到着 クラシック・ビール

北海道での移動手段を考えた。
電車に乗るのも面白いな~(北海道で電車に乗ったことが無いから余計乗りたい)

キャンプ地までは電車バスとかを乗り継いででもよいが、足がやはりほしい。
出発前に車を借りるまで大げさでないんだ、できればさー・・・バイク貸してくれるところはないかなぁ?

あった。しかも新千歳空港に。

0245.jpg


その名も「レンタル819」ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーーーい♪
何を借りようかなぁ~~ ♪

①そんなに走り回らない、足としての利用方法だけど、そこそこの排気量がほしい。
②楽なスクータータイプがよい。荷物も乗せられるのがよい。
③予算は2泊3日(2日間)で大体、10,000円ぐらい。

という、上の条件で HONDAのPSXを予約。125cc ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーーい♪

そこで悩んだのはヘルメットだ。
できれば自分のヘルメットがよいのだが・・・・
LCCであるエア・アジア 持込の荷物もサイズにチェックが入るかも?と規定サイズのたった3cmオーバーであきらめた。
ヘルメットは命を守ってくれるものだから、手荷物にしたい。大事大事
預け荷物としてガンガン落とされたり扱われるのはカンベンです。

う~~ん借りた。チェックしてみるときれいだった。よかった。臭くも無い。傷も無いに等しい。許すっw

後で分かったのだが、そのバイクを貸してくれるレンタルバイク819さんでは荷物の発着もしてくれるんだって。
なので手ぶらでバイクで北海道周りもできちゃうんだ♪ 
えーい、着替えおくっちゃえ~ えーい、ヘルメット送っちゃえ~ えーい、会社帰りに飛行機乗って行っちまえ~OKです。 ボス!OKです!

楽になったねぇ~ 北海道の旅も。東京に近く感じでしまう。(それはそれで悲しい)
 
親切にお肉が売っている所まで教えてもらい、行き先のお天気まで調べてもらったり♪丁寧だ。
記念写真まで撮ってくれて返却時に紙焼きでもらえるプレゼント付き♪♪音符を並べちゃう♪
一人旅にはすごいうれしい♪ちゃんと、かわいらしく撮れているかしら?うふふ

0253.jpg


目指す先は支笏湖 キャンプ場は美笛キャンプ場にした。 新千歳空港からは1時間弱だ。
山に入ると目標物がないのでついついぶっ飛ばしてしまう。
相変わらずここの道は苫小牧からのトラックも多くて、しかもものすごいスピードでぶっ飛ばす。
お構いなしでぶっ飛ばす。
あぁ、懐かしいな。

ファザードをつけて道を譲る。ありがとうのクラクションの大きさにびっくりするのも懐かしい。
対向車線から来るバイク。
旅をしている人たちは私が北海道をバイクで周っていたときと変わらず、すれ違う時手で合図する。

「よっ」「ピース」

これがバイクで北海道を走るのが楽しいところの一つでもあるんだ。
まだまだ、挨拶も健全なんだ。懐かしい。

変わっていなくてうれしい。あーあのころに戻れる気がする(それはどーーかなぁ?無理があるw)

0255.jpg


東京はとってもこの日暑くて暑くて、北海道についてからも湿気はないものの暑い日だった。
支笏湖に向かう途中で寒くなった・・・もしかして私、寒さを甘く見ちゃってるかもしれない。
忘れてるよ。バイクを脇に止めて上着を着る。
うーん、上着らしい上着って持ってこなかったなぁ ちょっと心配。
走っていくほど雲が厚くなるし・・・

美笛キャンプ場 

あ、そういえば!そういえば!近くなるにつれ、でこぼこ道に入るにつれて思い出す部分も出てきた。

0256.jpg


ここへは何回か来ている。静かできれいで好きなんだ。
変わってなくて、ほんとうれしかった。
特にこの横たわった丸太。

0272_20121022091819.jpg


私が来ていた時もあった気がする。たぶん、あったよ。うん。
変わっていない景色もヽ( ´ ▽ ` )ノ わーい

0260.jpg


一人で祝到着だーーーーー♪ プシュッ
北海道クラシックビールを飲みながら~~~~!!!

私がやりたかった野営!に取り掛かろうじゃないかっ

0276_20121022091820.jpg


ここは区画されていないので好きなロケーションにテントを立てられるのがうれしい。
やっぱり支笏湖がバーーーーン!と起きた時に見たいっ

0262.jpg


すぐ近くもちょっと怖いので支笏湖が見えてちょっと離れたところw
今日から2泊だ♪よろしく支笏湖

キャンプ場に到着してテント立てて落ち着いたのはもう16時を回っていた。
早いけど、お酒のつまみを作ってだらだらし始めよう。

さ、バーナーの出番だ!ひゃほーーい 待ってました。
お掃除していてこのバーナーが出てこなかったら多分、北海道へ行こうって思うわなかったかもな(^^)

9304.jpg


献立、ジャガイモとベーコンのイタリアンドレッシング炒め。(たまねぎ入り。パセリたっぷり♪)
もずくの卵入りスープ

以上!

0279_20121022091854.jpg


17:00ごろの空。

支笏湖のお天気は難しい。
室蘭を見ていいのかそれとも札幌を見るべきなのか?
明日の予報は「雨のち曇り」(´Д`|||) わがままを言うのなら変わってほしいです。


雲が厚い。こりゃ満点の星も見たくてここへ来たケド、無理だなぁ。明日に期待しよう。
この景色も美しいのだけれどもね。

おやすみなさい。20:30頃にはもう寝ていた。
明日はカナディアン・カヌーを習いに行くのだ。

ザ・カヌー塾!


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 バイク旅 交通手段 キャンプ 支笏湖 カヌー 北海道 秋の北海道 テント

プリムスのバーナーが誘ってくれた。

それは片づけをしている時だった。
何度か出してはまた同じ場所にしまってたアウトドア用のバーナー

0087.jpg

すごいお年を召している小型バーナー かれこれ、20年以上は使っていると思う。
色も変わってしまっている。
これを持って何度も北海道をバイクで周ったよな~
本州も休みになるとキャンプがしたくてあちこちへ出かけたっけな~

しばらく使っていないけど、まだ使えるのかな?メンテナンスをしてみる。
静電気もちゃんとOKだし、ボーーーっと元気に炎を上げる。元気でうれしい。
プリムスのバーナーは私にとって高価な品だ。

またこれもそうだけど、キャンプ用品もって出かけたいな・・・思い出に浸る あぁ

山登りははっきり言いまして過去いいことがなかった為に「山の神様には嫌われている」と思っています。
山登りは苦手です。トレッキング程度ならまあ・・・

ただ、テントで自炊して酒でも飲みながら星を見て、だらだらして過ごしたい「野営」がしたいのです。

LCCである「Air Asia」がちょうど、国内線就航記念だという。気になっていた飛行機♪それも重なって
私の「野営」実行までは早かった。

このエア・アジア 就航路線は福岡と那覇と千歳の3つ そうだ!20年年近く北海道へ行ってないので北海道にした。
新千歳空港から・・・足は?キャンプしてだらだらもいいけど、何かやりたいな~


計画は楽しい♪
そしてチケットも取り、北海道での計画も立てた。

 9月5日からの2泊3日だけの一人旅となった。
国内線就航したばかりで成田空港のどこへ行けばいいのかすらわからなかった。

結構機内持ち込みの荷物はうるさいのかと思ったのだけれども、「うぇ?これはどうみても規定サイズよりオーバーでしょぉ」というのを持っているかたがちらほら。
そこまではうるさくないようだ(?)

お水すらも機内で購入しなくてはいけないのかと思っていたけど、一応持っていって聞いて見ることにした。

成田空港はターミナル2 出発ターミナルの一番左側の端っこ

0184_20121022080810.jpg


1時間前以上に早く到着して、エア・アジアのシャツを着たお兄さんにいろいろと初めてなのでレクチャーを受けて、バックパックを預けて身軽になり何かお知らせがあってもよいように近くのシートに座って行ってきますビールを飲む。
館内放送なんでしないで、グランドさんが歩いて「エア・アジア福岡行きの~へ」なんてこれまたLCCらしい呼び出しをしていたのでその場は離れられないなって思った。

0190.jpg


乗る人少ないのかな?なんて思っていましたが、時間が近づくとどこに居たのか?人が集まってきた。
待合室も端っこでまだ工事中なのか?それともこんな感じでいくのか?工場の倉庫って感じだった。
暑いので業務用のでっかい扇風機が何台かボーボー動いていた。

0198_20121022080811.jpg


皆様なれているのか?観光でのあのワクワク感がなんだか感じられず・・・静かだ。
一人の方が多かった気がする。

0201_20121022080812.jpg


なつかしいなぁー 10年近く前はガルーダインドネシア航空もバスで飛行機まで移動してたっけ。

0208_20121022080858.jpg


これまた空港のはずれまでバス移動。
すると真っ赤の派手な飛行機がお出迎え。あれはどこから来たのかなぁ?

0209.jpg


私たちが乗る新千歳空港行きの飛行機は「ごめーーん、遅れちゃった(汗)」という感じで登場だ。
文字は小文字のタイプ

0210.jpg

バスから降りてダラダラと後ろから前からと乗り込む

0214.jpg


赤いシートは「ホットシート」でシート前が広いタイプ。予約で1200円加算
国際線だったら楽だろうケド、短時間の北海道だからさー といっても窓の外は見たいので、行きだけ指定しましたw

0221.jpg


大柄の男性は辛いかな?前のシートとの距離は狭いです。はい。 横はそう気にならなかったけど、前シート間は足が組めなかった。
リクライニングも「気持ちです♪」とちょろりと倒れるぐらい。
倒してしまうと、狭いので後ろの方に申し訳なくて倒せなかった。短時間ですから♪

0230.jpg


あっという間に北海道~~~~新千歳空港。
一回成田からだとぐるーんと空港を通り過ぎて、旋廻して着陸♪


0236.jpg


ロイズチョコレートの文字で北海道に来た!と実感よーーー♪
しかし、北海道へ飛行機で来たのは初めてだ。
新千歳空港は新しくなったらしいけど、すんごいでかい!広い!人がいっぱい!
ここは本当に北海道なのだろうか?と思ってしまうほどだ。
ロイズチョコレートの文字を見て北海道を感じていたのにね。

今回の飛行機で来る前は
・ひたすら国道で北海道へ(金が無くって時間があった学生時代で、4日かかった。CBR-250R時代)
・高速自動車道路を使って北海道へ(大間でフェリー乗りを待ちながら寝る。GSX750ⅡカタナとGPZ900ニンジャ)
・行き高速自動車道利用して帰りはモトトレイン(バイクと一緒に乗れる寝台電車)で帰っていたこともあった。
・一戸で事故起こして、行けなかった事1回(寝不足のためか?)

・車でも行ったケド、バイクで行った時の方が面白くって、車だと楽すぎだなとあまりなぜか記憶に残っていない。

そんな手段で北海道へきてました。

東京と違って湿気がなくっていいわーーーーーー♪


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 バイク旅 エア・アジア 北海道 キャンプ 一人旅 気まま旅 秋の北海道 LCC

江戸前のハゼ釣りへ行こう!

海までべらぼうに遠いところで生まれ育った私は泳ぐのも川、遊ぶのも川んでもって、親戚が集まると出かける先は猪苗代湖だった。

釣りをするというよりもどちらかと言うとモリで突っつく方が多かった気がする。
水中眼鏡に蓬の葉っぱをわしわしして磨くようにして曇り止めにして潜ってたな。

海デビューは遅かった。

引っ越してきて、「ハゼ釣りに行こう!」と言われてまず頭に浮かんだのはアニメの「ハゼドン」♪ハゼハゼハゼドン ハゼハゼドン♪

それ釣ってどーすんの?

「食うんだよ。ハゼ食べたことある?」

ない・・・ しかも、ハゼ釣りもしたことが無かったよ。

これがはまってかれこれ小岩に引っ越してきて18年近く。毎年出かける季節の風物詩だーー♪
と、なんだかなんだ前置きが長くなりましてごめんなさい( ̄▽ ̄)ゞワルイワルイ

2012年7月30日(月曜日)

この頃のハゼはまだ成長して無くって小さいだろうってなことだけど、釣りが面白い私は①釣れる楽しみ♪できれば入れ食い希望!②んで、釣れたやつがでかかったらなおさらうれしい♪
という順番である

朝7時、江戸川の妙典へ到着 今回はボートを借りて♪ お世話になったのは伊藤遊船さん

9244.jpg


出かけた日の前の週に青潮が出て、やっと昨日あたりから落ち着いてきたけど・・・今年は渋い釣り上げ成果が続いているとの事。

しかし、朝から暑いねーーーー(´Д`|||) ひーーー
川の上は少しは涼しいかもしれないのを期待する。

9245.jpg


飼っているのかノラなのかは不明だが、餌の上に乗って朝ご飯を食べるネコ
こらこらお行儀悪いですよーーーー(笑) 

9249.jpg

なういっしょ(笑)

前日に暑いだろうからと購入した麦藁帽子(?)これまたつばが広くていいんです。
川の上は少し風が吹いていたけど、べらぼうに暑い!
動かないでじーーーっとしているので、竿を持ったまま太陽に当たる部分があちゅうまに黒くなった。

ひぃーー!そうしている間にも半ズボンできた私は膝が!膝が!焦げてる!!!

9253.jpg


この目を見ちゃうとかわいくってねーー 食うというより、飼いたいとか思ってしまう。
汽水は難しいしね。無理。

9254.jpg


暑くって暑くって長時間は無理です。帽子もかぶらないで釣りしてて死んじゃうぞーー
日曜日なのですが、きっとこの暑さで釣りに来る気力もなくなるでしょう。

成果は26匹・・・・渋い結果となりました・・・・ 型も小さいのでハゼの掻き揚げみたいになっちゃったけど、美味しくいただきました。

ハゼ釣りもお彼岸までといいますからまだ、期間がありますので、リベンジしますーーー

(2012年7月30日のお話でした)


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 店長日記
ジャンル : 日記

tag : バリ雑貨 ハゼ釣り 妙典 江戸川 釣り 東京 江戸前 リベンジ

みちのく女一人旅 さくっと秋田から東京へ

この旅も最終です。

さてそろそろ秋田もお別れか。
ここまでは高速バスを乗り継ぎ乗り継ぎ何日かかけてやってきたけど・・・・
帰りは「サクッ」と帰ります。

8874.jpg


夜行の高速バスで秋田⇒東京と思いましたら、早割りでバスと飛行機のお値段があまり変わらなかった。
そーーいやぁ、最近飛行機に乗ってないな(国内線&JAL)
JALはほら、デンパサール線が廃止になっちゃったから久しぶり。

というわけで、空路となります。はい。

8869.jpg

これまた、自分のスケジュールのバス時間の前の時間に間に合う時間でして、一つ前のバスに乗る。

8870.jpg


バスに乗り込む人は出張でしょうか?サラリーマンで、ビジネスバッグを持った方が多く、静かーーなバスの中でした。

いや、観光できた方とかが少しは楽しくお話をするのかと思いまして( ̄▽ ̄)ゞワルイワルイ

空港へ付くとまずお昼すぎのフライトなので、先に食事を済ませ。

8887.jpg


あとは空港内をぐるぐるとあるいては、到着する飛行機に旅立つ飛行機を見ていた。
あーー面白いなぁ

8919.jpg


しかし、本当に雲ひとつ無い真っ青な空だった。

8929.jpg


登場口へ入るものの早く入ってまた最後の地ビールを飲む♪
全部制覇できなかったのは次回まで楽しみにしておこう。
また行く気満々だからさっ

8930.jpg


前方からエンジンの真上までで窓側。
これが好きな席である。

8949.jpg


アンケートお願いしますと、頼まれて記入したボールペンをいただいた。ありがとう♪

8957.jpg


たったの1時間10分のフライト
秋田へ向う旅が始まったのは6月8日。私の誕生日の翌日から(⌒∇⌒)

会津若松へ行き、いとこの子の結婚式で須賀川へ行き、福島へ行き、飯坂温泉へ行って、仙台で秋田行きの高速バスに乗り換えて秋田入り、
そして目的地の男鹿半島へ着いたのは昨日だった(6月12日)

ものすごーーーく遠い秋田だったけど、飛行機で1時間10分か・・・なんかあっさりしてしまう。
近いのか?それとも遠いのか?わからなくなるね。

8973.jpg


そろそろ海ほたる 初めて見た(^∇^)

幾度か旋廻したかと思ったけど、高度もだんだん低くなり、東京スカイツリーが見えてきた。

8982.jpg


逆噴射!!!ゴーーーー!!!

もう東京だーここは東京だー あぁ、帰ってきてしまったのか・・・

8984.jpg


ただいま東京
また行きます。会津若松に仙台に秋田。
とにかく楽しかった。

8988.jpg


そして最後は小岩行きのバスに乗って「バスで始まり、バスで〆たつもり」

またしても長い旅所感、まさかこんな長いお話になるとは私もおもっていなかったよ。
なんでこーお話をまとめられないんだろうなぁ・・・ごめんねーー

お付き合いいただきましてありがとうございました。


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 交通手段 秋田 飛行機 高速バス 一人旅 東京

ハタハタはオスがいいのですかメスがいいのですか?秋田市民市場にて

ホテルをチェックアウト。お世話になりました。
駅にも近いし、川反通りにも近いし、千秋公園にも近いし、静かだしさ。
早くから予約したからとっても安かったのさ。

自分のリュックの中はもう、お洗濯モノばかりに。もう、着替えはないよ。パンツも替えは無いよ。
そう、私は今日東京へ戻る。

秋田へ仙台からバスで到着したばかりの時にすでのお土産を自分の家に送ったけど、秋田の人たちにお話をして教えてもらった日本酒の銘柄に追加しちゃったよ。
「あきた県産品プラザ」
早くから開店していてくれて助かった。

お菓子より日本酒♪
そして、食べられなかった横手焼きそばにしょっつるラーメン♪
持って帰れないので、送った。
「送る箱にまだ余裕がありますが、なにかお荷物送りますか?」と聞いてくれた。

すかさず、お洗濯物を送ってもらうことにした「すみません・・・洗濯物ですけどいいですか?」(⌒∇⌒)もちろんどうぞ。
リュックはなぜかパンパンだったので助かった。
いや、もう帰路についているのだよ。

8848.jpg

歩いていたら気になった張り紙♪ きりたんぽの串ってどんなんだっけ?
フランクフルトに棒みたいなのじゃなかったっけ?
もっと太かったっけかな。

時間はまだある。
ならば気になっていた先へ行こうではないか!!

8849.jpg


秋田市民市場!!

市場はどの国へ行っても大好きだ。

8851.jpg


こういうのを見ると本当にまだまだ見ていない訪れても居ない場所があって悔しい感じがする。

8852.jpg


果物や生鮮野菜などの通路に

1042~01


お魚の通路

地方へもすぐ発送できるように、運送会社さんのスペースがあったりsて。
行った時間はちょっと遅めだったからかな?
人もまばら。
毎日新鮮なお魚。しかもめっちゃ安い!こういうところで購入できるのはうらやましい。
変わったお魚もあるし。

8856.jpg


いわし4匹250円ってなんなのーーーー???
カワハギが4匹で500円ってこれまたなんなのーーー????

あ”-------- 買って帰りたい。
指くわえて「いいなぁー」(今食べたいのもある)と、言うとお店のおばちゃんが、
「買ってってよ!負けるよ。」

うーーん、でもこれから東京に帰るのに・・・

「大丈夫だよ。保冷剤いれてやるからさーー 」

食べきれないよーーー(; ̄Д ̄) あーん

「冷凍しとけばいいんだよーー!」

(・・・・冷凍庫そんなにうちのはでかくないんだよな・・・)

たらこやすじこがででーーーんと皿にのって「300円」なんてどーよ・
今、ここでほくほくの白いご飯を片手に持ちながら食べたいわ。
塩辛なんていったら何杯食べられるかしら?
あああ、私を悩ませるこの魚介類
しかもこのお魚屋さんのにおいが好きだったりする。
魚屋の嫁になりたいと思ってた。

8858.jpg


ただ、購入して腐らせるとかというのだけは食べ物に申し訳が無い。
なので、ここは心を鬼にして

す、すみません ハタハタをください

と、頼んだ。

8匹ぐらい入っていて1000円だった。
東京まで今日中に家について冷蔵庫に入れるとか食べるのなら大丈夫というので鮮魚にした。
しかし、返ってきた返事はこうだ

「オスがいい?それともメス?」

(; ̄Д ̄)え???

メスはお腹がぽんぽこりんになっている。
身はだいたい卵もっていると期待できないけど、卵が美味しいのかもしれない。

でも、身が美味しそうだ。身を期待するのならオスだ。悩む。

しかも、一山オスメスと混ざっていれば両方食べてみて、あーメスがうまいとかオスがうまいとか言えるケド、なぜ、オスだけ、メスだけときっぱり分けているのだろう?

ハタハタの焼き魚は秋田に滞在中食べてないのだ。
刺身とか昆布締めとかしか。
焼き魚にするならどーーなの?どっちなんだろーなぁ

聞くと、決定するのに困る返事が返ってくる。

「オスが美味しいと思う人はオスだし、メスが美味しいと思う人はメス」という。

聞いた私が悪かった。( ̄д ̄)・・・

オスが嫌いなのにわざわざオスは買わないだろう。
おばちゃんに突っ込んでいいのかどうかそれも悩んだ。

えい!っと卵を期待してメスを買う。また荷物が増えた。でも、美味しいならがんばれる!

BUT

(後、ハタハタのメスは焼き魚にすると、卵がべらぼーーにゴムみたいになって硬くて。本当は違う食べ方があるのだろうか?身は卵に栄養を取られているのでこれまた食べるところナシで残念でした)
次はオスを買ってこよう。覚えておくよ。

8864.jpg


あ、またちょっと早い行動だーーバスの時間までたんまりあるなぁーー


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 秋田 秋田市民市場 ハタハタ 女一人旅 オスとメス

千秋公園は予想外に広かった

グッドモーニングだーー秋田!あきたーーー今日もよろしくーーー!
今日も朝から雲ひとつ無いお天気♪
梅雨の前の本当によい季節

8815.jpg


目覚めがとってもよい!しゃっきりするっ 
それがよいお酒の印だ。昨日飲んだお酒、ありゃいい酒だ(なんて、自己判断(⌒∇⌒)

そろそろ旅の疲れも出てくるかと思ったけど、早く目が覚めた。
早く目が覚めたので、近くの千秋公園へ行って見ようと思った。

8816.jpg


女学生が通勤途中だった。

8818.jpg


東海林太郎の像があった。子供時になんとなく名前は聞いたこともあるし、映像も見たことがあるような気がする。
ポチっとやるとメロディーが流れる仕組みだった。

8820.jpg


思ったより広い公園だった。失礼なヤツだな。
坂も急で、坂から自転車がものすごいスピードで下ってきてた。
自転車通勤なんだろう。
毎日この坂を自転車で登っているならものすごい脚力の持ち主だなと、タイトスカートから出たふくらはぎを見てしまった。

8824.jpg


8829.jpg


お城もあるみたいだ。いってみよーーーー

8830.jpg


8833.jpg

どーしても、立つとお城が入らないし、私が下がると小さくなるしで結局こんな「すみませんねーー」的な格好での撮影。

8835.jpg


8837.jpg


思ったより小さかった。
入りたいけど、。まだ営業時間じゃない。

8841.jpg

8844.jpg

秋田県とてもじゃないけど、面白くって回りきれなさそうです。
何日あったら回りきれるかな?



↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 自由旅行 一人旅 秋田 千秋公園 東海林太郎 お城 お天気

秋田でお酒とお料理を食べる 扇屋さんにて秋田の最後の夜

秋田駅に到着。日が暮れた秋田駅。
ホテルに戻ってから出直しもめんどくさいから、このままご飯としゃれこうべ♪

男鹿半島の桜島から湯本駐在所までいろいろと教えてくれた運転手さんの言うとおりにオススメのお店を目指した。
ほんとかなぁ?そんなにいいところがあるのだろうか?
あった!と目指しました。和食「扇屋」さん

8795.jpg


うーーん、本当に良心的なお値段なのかしら?いらっしゃいませの声はとても元気だった。

お一人でしたらカウンターでよろしいかしら?着物を身にまとったフロアの方でまたお値段の心配をしてしまった。

「よかったですよ。今日はね。空いてます。お好きなところへどうぞ」

どうやらサッカーがあるからじゃないかと言うのだ。

「お飲み物はいかが致しましょう?」私にかける言葉にしてはもったいないお言葉使いである。

8798.jpg


ビールはもうお腹いっぱいなので、また日本酒から行きました。
「おや、日本酒がお好きですか?」

厨房の中に居た板さんはとても人がよさそうなゆっくり話をする芯のある目をもった方だった。
(なんていうかな?しっかりと見つめるんだけど、厳しくない目つきっていうのかな?)

バスの運転手さんのオススメの「刈穂」これの六舟を頼んだ。

「お料理はいかがいたしましょうか?」どうやら秋田の人ではないというのはバレバレのようだ。
板さんはすかさず「こちらの秋田のお野菜やお魚を使ったコース料理があります。こちらがよろしいかと思います。」

お値段は2500円らしい。だいたい、アレもこれも食べてみたいって頼むと予算をオーバーするので、始めから金額が分かっていて、それで足りなかったら追加というようにすればいい。それないいいな。
だって、実は昨夜の金額はお酒を飲んだせいもあったけど、6000円ぐらいかかっちゃった。
あちゃちゃだった( ̄▽ ̄)ゞあーやっちまった。

品書きだけだったので、内容は分からなかったけど、任せることにした。
「お酒のあてになるようなのがいいですか?それともお腹は空いてますか?」

8801.jpg

お酒 ↑ 「刈穂」の六舟 う~~ん、おいしいぃぃぃぃ
これものすごい気に入った。買って帰ろうっと♪
聞くと、秋田の駅ビルと秋田空港の中にあるそうで、そこのが作りたてが入手できるとのこと。
へぇーーー(⌒∇⌒)

8799.jpg


お通しといってましたが、これだけでも充分お酒を飲めちゃう
イブリガッコにジュンサイ
そーだよね。秋田ってじゅんさい まだ食べてなかった。

8802.jpg

「海のお魚はもちろん川魚もおいしいんですよ。釣りキチ三平って・・・しらないか~ははは」

もちろん知ってます♪ 
釣りキチ三平だーー♪ よく読んだなその漫画 んで、私が釣りを始めたのはこの漫画がきっかけかなぁ

8807.jpg


お酒ももちろんだけど、料理がとにかく、少しずつで種類がたくさん。
これがめっちゃうれしい欲張りだよね。
味付けもきれいだ。素材の美味しさもだし、歯ごたえもいろいろと楽しめるようになってる。
お野菜好きだからうれしい

8808.jpg


あーーー幸せ

刈穂が好きだったらきっとこれもお好きだと思います。

8809.jpg


それにあわせてにごりもサービスしてもらっちゃいました。

他のお料理のお値段を見せてもらったけど、良心的だわーー
うまいなーーここ すっかり気に入ってしまった

8811.jpg


板さんは東京の葛飾区に住んでいたこともある方で、私の住む江戸川区と近いので話が盛り上がる。
「懐かしいなー東京」

どうりでなのか、話す言葉があまり秋田の言葉らしくなかったのは言われてそうかと気が付いた。

「ところでここはどうして知ったの?」
ガイドブックにも載ってないし、駅前からちょっと離れているし、観光客はここはあまり目的がないと通らないんじゃないかな?と。

実は・・・・

男鹿半島で知り合ったバスの運転手さんから聞いた事をそのまま話をした。
「だれだろーーな・・・」女将さんと顔をあわせて首をかしげた。

お酒が置いてある事、料理の内容、お値段まで知っているのであればここへは来たことがあるはず。
お酒を飲まない方が、日本酒の刈穂を進めるというのも「誰だろう?」であった。
名前を聞いてくればよかったな。

板さんが「お礼をいいたいなーー」というと女将さんも「そうですね」
私ももう一度会ってお礼をいいたい

8812.jpg


かなり試飲させてもらっちゃった(⌒∇⌒)
どうもありがとうございます。

秋田にまた来る時はここへ食事に来る。
んでもって、秋田へ行く人にここを自信をもってオススメしたい。
間違いないと思う。秋田のお料理を楽しめます。

8814.jpg

お店のお名刺をいただいてきました。

和食「扇屋」さん

秋田市中通4丁目16-9ナイスビル2階
TEL:018-884-3275


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 交通手段 秋田 郷土料理 刈穂 日本酒 扇屋 日本食

秋田駅へ 男鹿半島めぐりのスケジュール

湯本駐在所からは路線バスだ。
ちゃんと乗り継ぎできるようになっているから。

ゆっくりゆっくりとまたバスは山道を走って、羽立駅に到着。
無人駅

8767.jpg


途中でバスに乗ってきた方が駅の中で赤いポストのようなところから何かチケットらしいものを出している。・

おぉぉーーーーーこれが必要なんだ。
チケットを取っているところを見なかったら分からなかった。

8768.jpg


8769.jpg


電車の中でバスみたいに乗るのかと思った。

バスまでの時間はたっぷりだ。
ホームへの出入りも無人なので、楽々。バスを降りて電車に乗るまで30分弱。

8770.jpg


秋田駅から来た電車を見送り、この電車が折り返してきたのを乗るのだが、隣駅は近いのか?
早く折り返してきた。

8775.jpg


電車は座り放題。どこがいいかと悩む。
来た時と反対側がいいだろう。

男鹿半島から帰るのか・・・となると、私の旅もそろそろ終わりである。
夕日がみえてちょっと寂しい。

車掌さんが回ってきて行き先を告げて、精算してもらう。

8777.jpg


朝、一緒だった学生さんだろうか?今度は下校時間で一緒だ。

8792.jpg

秋田駅に到着して階段を登ると、別のホームに新幹線が止まっていた。


せっかくだから、電車やバスで男鹿半島を回りたい方のために私ののんびりスケジュールでよいのでしたら参考にして回ってみてください(⌒∇⌒)

【スケジュール】

JR男鹿線 秋田駅発 7:51 ¥650

     羽立駅着 8:50

路線バス 羽立駅発 9:09 ¥710 (相川タクシー 0185-23-2211 へ湯本駐在所から入道崎までのバスを電話でお願いしておく)

     湯本駐在所着 9:52

バス乗り継ぎ 湯本駐在所発 9:57 ¥100

     入道崎着 10:07

観光あーーんどご飯を食べる ♪
     
     入道崎発 13:06 その前の時間(11:26)バスをお願いしてもよいのだが、入道崎から桜島へいく路線バスまでに時間があまる。
バス(マイクロ)で5分ぐらいらしいので、歩いて1時間とみてぶらぶらとあるいてもよいと考える。

湯本駐在所から桜島までのバスの希望を電話する ここの路線は (秋田中央トランスポート 0185-23-2323)
 
バス 湯本駐在所発 13:16 ¥100

   桜島着 13:39

日帰り入浴 桜島リゾートHOTEL きららか こちらでゆっくーーーり♪ で、時刻の1時間前にまた秋田中央トランスポートさんへ乗りたいですの電話をする

   桜島発 16:17 ¥100

   湯本駐在所着 16:40

路線バス乗り換え 路線バス 湯本駐在所発 16:45 ¥710

 羽立駅前着 17:28

JR男鹿線 羽立駅発 17:54 ¥650

JR秋田駅着 18:47 お疲れさまでしたーーー♪

というスケジュールにしたのです( ̄▽ ̄) 

ここまで正確にことが運ぶって、日本だなぁと感じました。 

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 秋田 女一人旅 みちのく 男鹿半島 スケジュール 電車旅

車にのれーーー 車にのれーー

「きららか」さんにお世話になりましたというとフロントの方の笑顔が自然な笑顔でステキだった。
自分も自然に笑えているのかな?って思ったりして。
坂道を登ってバス停に向かう。

8728.jpg


ゴーゴー吹く風は向かい風。お風呂上りの濡れた髪の毛が一気に乾いた。
自然ドライヤーだ。

8750.jpg


どーしても私の場合、多く時間を取る癖があるようだ。
まだホテルにいてもよかったぐらいなのに。
でも、それ以上居たらビールをもう一本おかわりしてしまうだろう(^∇^) ちなみに地ビール1本きららかさんで498円でした。

8753.jpg


8754.jpg


この先のバス停で終点折り返しとなる。

その先の道は漁港があったりと楽しそうなのだけれども。レンタルバイクがあったらいいな。でもバスも面白いし~悩むところ。

8755.jpg


人数も居れば、前に書いたとおり水族館から船がでているので船にのって門前まで行ってぐるっとできただろうケド、一人だもの仕方が無い。集ってくるかね

そろそろ太陽も傾き始めた。

8757.jpg


こんなことをやって時間をつぶしていると、バスがやってきた。
でもこのバスは私が乗りたい方向ではない。
この先に行って折り返しをしてまた来るのを待つのだ。

すると、バスが止まった。
どうやらここはパーキングエリアなので、ここのおトイレを借りに立ち寄ったようだ。
バス停で地べたに座って待っているのがちょっと恥ずかしかった。
だって、30分はあるから。

トイレから出てきたバスの運転手さんがなにか手を振っている。
私しかいないのだから手の降る先は私であろう。

「車にのれーー」って言ってる。はいーーー??

え?でも私は湯本駐在所までいくんです・・・方向が反対なんですよ。風も強いので大きな声で話す。

「いいから車にのれーーー」って言ってる。

リュックを持って、小走りで近寄ると、おじさんは
「誰もいないし、この先で折り返しだから、乗っていこーー」と言うお誘いなのだ。

この先ほんのちょっと先だけど、進めるってうれしいと思った。

いいの?

「いいって、運転するのがいいって言ってるんだ。ほら!乗れ!行くぞっ」

秋田なまりだろうか?言葉は硬いけど、東北なまりの独特さはなれているので、身近に感じられた。

ここまでつれてきてくれたおじさんとは違う方だった。

後ろに乗ろうとしたら、「なんでそんな遠くに座るんだー。ここさ、来いってーーー」はははっ

運転席にすぐ斜め横に座った。ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーい

8761.jpg


小さな漁港に着いた。誰も乗らないので方向を変えてすぐ今来た道を走り出した。


8763.jpg


どこから来たの?から始まり。
自分はお酒を飲めないのだけれども、お酒が好きなら「刈穂」という酒がうまいと教えてくれた。
それを呑むのなら、秋田の駅からこーいってこーいくとお店があるからそこで飲むといい。

でも、お値段が心配だなぁ・・・と、言うと、
「うんにゃ、安いコース。コースっていうのかね?それがあるから、特に秋田のうまいものをだしてくれる。それを頼むといい。そこはうまいよ」

「宿はそーか、ビジネスホテルか はくとさんねー知ってるよ。 ビジネスホテルだから仕方ないけど、お風呂が狭いんだよね。ビジネスホテルはそんなもんだーー」

何でも知っている方だった。面白い(^^)

8765.jpg


もっとお話をしていたかった。とっても面白いおじさんだった。
なんか初めて会ったとは思えないほど。
お名前を聞いてくればよかった。

なんでみんな初めて会う私に優しいのだろう (⌒∇⌒) やさしい♪ うれしい♪ 旅がとても楽しくなる♪

お話に夢中になっていたら、すぐにバスの乗り換えの湯本駐在所に着いちゃった。
ありがとう


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 交通手段 秋田 男鹿半島 バス 一人旅 日本海

男鹿桜島リゾート きららかさんで日帰り入浴 

さて、桜島のバス停を下車したあとはどこだろう?ってなやむこともなく出迎えてくれるように建つ

8723.jpg

まわりの緑が美しいこと美しいこと!「美しい」という言葉を2階繰り返しちゃうよ~

「男鹿桜島リゾートHOTEL きららか」さん ここで大好きな温泉をいただく

8749.jpg

↑野営できるんだーーいいなぁー テント持って来ようかな♪

日帰り入浴は 大人 ¥700

8731.jpg


露天風呂もある
お湯はほんおり茶色くにごり

露天風呂へいざ出陣!

8736.jpg


きゃーーーっ 風強いーーぃぃぃ 風冷たーーーぃぃぃ 早くっ早くお湯に浸かって温まろう・・・・
しかも浅いのでちょっと寝そべる感じ。
露天風呂のお湯がぬるいっ 
なので、いつまでたっても出られない。

あ”---だめだ (風はゴーーーーっ!!! 髪の毛ボーーーー!! お湯が波打つーーー!!)

内風呂へ逃げて温まる はぁぁぁ夏ならいいだろうなぁ

8735.jpg


温泉の由来 ↑ ほうほう

8734.jpg

ん? 微笑ましい (⌒∇⌒)ははは かわいい 生き物係だって

内風呂の湯はぬるめでゆっくりのんびり入れる。
ビーチベッドが置いてある

出たり入ったりゆっくり楽しめる。
こりゃいいっ

湯上りに地ビール (⌒∇⌒)b これがまた楽しみですよね♪

8739.jpg


バスの予約 携帯電話のシグナルはなしの圏外である(docomoは大丈夫みたいです)
公衆電話ってそういやしばらく使ってないなぁなんで思いながらバスの予約をする。
「はいはーーい」
さて、安心である。
まだ時間があるので、おかわり

8740.jpg

体がずーーーっと、ほかほか 気持ちがよい

余裕をもったゆっくりゆっくり旅が好きです。



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 自由旅行 一人旅 男鹿半島 秋田 桜島 日帰り入浴 地ビール バスの旅

男鹿西海岸 桜島バス停 ~チチャ・バリ.comニュース

バスの時間にはまだ早いのだが、バスの中で寝ていた運転手は私に向かってバスの中から手招きをしているのに気が付いた。
他は誰も居ない。

「なんだなー居るのは気が付いていたんだよ。ま、早いけど乗って」

乗り込むと、運転席に座り直すのかと思ったけど、後部座席で話を始めた。ちょっと面白い(⌒∇⌒)

「歩いてきたのも分かってたんだ うん」 ( ̄▽ ̄)ゞ ははは

「で、どこへ行くのかな?」

なかなか味がある話し方をする運転手だった。
話しかけてくる方々はとても優しい話し方をするね。
それからどーして路線バスが無くなったのかとか、お米の話とか♪秋田こまち♪

すると、大きな路線バス(男鹿駅から出てきた)がやってきて、「おっ、いけね」というように運転席に移動して座った。きりっと帽子も忘れていない。

大きな路線バスからは2人おば様が乗ってきた。
ブルンブルンと車体は揺れながらエンジンがかかった。

やはりおば様とは顔見知りのせいか話しに花が咲く。

8703.jpg


トンネルを抜けると海が広がった。
わぁ! こんなにきれいな海水浴場があるんだ(⌒∇⌒) 静かでいいなぁ

8704.jpg


男鹿水族館 GAO をぐるっと回ってみると、修学旅行だろうか?沢山の大きな観光バスと小学生らしき生徒さん。

8708.jpg


郷太くんというホッキョクグマが居るらしい。
残念だが、時間の関係上立ち寄ることはできなかった。ごめん。また会おう。

8716.jpg


自然が生んだ絶景が続く。
見晴らしよい男鹿西海岸。これはすばらしい。

8727.jpg


おばあちゃん達もよっこらせと100円を入れて、ゆっくりゆっくり下車したあとはまたしても貸切である。

さて、桜島バス停に到着。

8721.jpg


ぶーーーん また帰りよろしくね~~~ (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!
海からの風が強いっ


----------チチャBali.comニュースーーーーーーよってらっしゃい見てらっしゃい
ヽ( ´ ▽ ` )ノ わ--い

TK-152-01.jpg

タバナン焼き スクエアスタイルのお皿をUPしました。
フランジパニと・・・・ごめんなさい トッケイは即完売

人気がある商品です。再入荷はこれで何回目かなぁ?

よろしくね~~

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 交通手段 秋田 男鹿半島 男鹿西海岸 日帰り温泉 桜島

ずんずん歩くのも楽しいもんだって♪ 男鹿半島

入道崎から元気に歩き出した。
歩くのは好きだ。山登りは嫌いだ。平面専用なのだ。

8680.jpg


歩く人はモチロンいない。
車が来ても他県からの車である。

「ねぇねぇ、歩いてる人がいるよ」なんて指差されているのかな?
この根性を買ってください。

ってか、車で5分の距離ですから。しかも平面ですから。エコだって言ってください。

8682.jpg


腹の中の2100円の海鮮丼と瓶ビールを消費するのさ

8683.jpg


海が見えるとちょっと気分も違うね 片手に拾った木の枝を持って振り回しながら歩いちゃった♪

8685.jpg


歩く歩くずんずん歩く 途中ででっかい蜘蛛がいたーーーっ

8688.jpg


誰もすれ違う人もいない歩く歩くずんずん歩く 

8689.jpg


そしてーまだかなぁ?と、バスを乗り換えてきたような広い場所にでた
ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーーーい

8692.jpg


バス停に到着!12:40頃

だらだらと歩いて1時間チョット

マイクロバスは止まっていたけど、時間待ち その中で運転手の叔父さんらしき方が寝ていた。

暑くもないし寒くも無い。待合室みたいなのがあるけど、風が通らないので外に居るほうが気持ちがよい

8694.jpg


バスの時間までまだあるので、またそこら辺をうろうろとしていた。


----------チチャbali.comニュースーーーーーーよってらっしゃいみてらっしゃい
ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーーい

ホワイト・ブロンズの 葉っぱに乗ったカエル をUPしました

MG-198.jpg

しっとり葉っぱに鎮座しました

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 宿 交通手段 自由旅行 女一人旅 秋田 男鹿半島 バス

男鹿半島 入道崎で海鮮丼 ♪

まだまだ6月12日の男鹿半島での話(⌒∇⌒)

8648.jpg


夏休みの時期とかって、多分冬よりは観光客がいそうな気がする。
どんなににぎわうんだろう?

さて、ちょっと早いけどご飯食べようか? 朝ごはん?昼ごはん 10:30頃w
海に来たのだからやっぱり、海の幸でしょーよ

シャッターもこのころにはぼちぼち開いてきた。
人が少ないので、お土産屋に向かう私はどこに向かっていいのか分からないのだが、
「はい!いらっしゃーーい!」
「どうぞーーー!」

というお誘いのお言葉と一緒に時々、うごーーー!うおおおおお!と叫ぶなまはげ人形に気を取られていた。

8671.jpg
こりゃ、子供ないちゃうわーーーー

ここにあるお店のオススメをできれば1品ずつ食べてみたい。
しかしそれができぬ悲しさよ。

お邪魔したのは「ニュー畠兼」さん
がらーーーーんとしたお座敷でまだ、ごはん食べられないのかな?と聞いてみたら大丈夫だった。

どこでもいいですよ~といわたのだが、結局端っこに座った

ビールを頼んで、待っていると

8674.jpg


じゃーーーーん やってきたのは海鮮丼¥2100(←かなり値段に悩みましたが、ふんぱつしました。)
立派です。いくらが宝石に見えます。つやつやのウニにホタテ♪
もしかしたら私、明日死んでしまうのかもしれない~ヽ(  ̄д ̄;)ノ 最後の晩餐だーーー!(晩ではない)

8673.jpg


どれから食べようか悩む。
そして、よく見ると蟹のはさみがエビさんをつかんでいた。
(製作した人はこれにこだわっているのかもしれない?)

早かったせいか、私に食事を出した後、従業員たちでテーブルを囲んで今日の為のごはんを食べ始めた。
「あ、たくあんとって」
「はいよーー」
「ご飯おかわりは?」
「あーーいただきます!」

一緒に食べてもらっている気持ちになってしまった。
「いいなぁ~家族って(家族?)」と、私は朝から瓶ビールですが( ̄▽ ̄)ゞワルイワルイ

お腹も膨れてお土産を見ていたら・・・
携帯電話ってやっぱり自分の住んでいるところから離れていても通じるんだと、訳のわからない関心をして鳴った電話をとった。

8678.jpg
↑ こちらは駐車場入り口にあった「みさき会館」さん UFOの展示(?)なるものもありました。

もしもし?

お仕事のお話だった。
「あー明日はどうですか?」

す・・・すみません、今、秋田の男鹿半島に居まして・・・

「おがはんとーーー????って???」

お仕事の話をしている間に・・・湯本駐在所から入道崎まで乗ってきたマイクロバスは行ってしまった。
私を乗せてきた運転手さんは電話している私の前で車を止めてくれて「乗っていく?」ってジェスチャーしてくれた。

電話を切れなかった。バスを見送らせていただいた。

予定の時間より前のバスだったので、大丈夫。
ご飯も食べたし、あたりを散策したし見るのも食べるのもお腹がいっぱいだ。満喫しすぎたってぐらい満喫したよ♪
どんぶりをもう一見はしごはできない。

次のバスの時間まで1時間ある。

ここの入道崎から湯本駐在所まで車で5分、歩いたらそーだなぁ・・・1時間って感じかな?
食後の運動ついでに湯本駐在所まで歩くか♪

8676.jpg


乗り物ばっかりに乗って全然歩いてないものなぁーーー

湯本駐在所で次のバスに乗るまでの13:16までに到着すればよいから

11:35 入道崎を出発ーー♪ よっしゃーー歩くぞ♪

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green



テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 自由旅行 宿 秋田 男鹿半島 入道崎 海鮮丼 バス お土産屋 なまはげ

一番来たかった入道崎へ 

この旅の目的地!男鹿半島!その中でも一番来たかったところ 入道崎!
入道崎に来たぞーーーーっ!!!

8631.jpg


シマシマ模様のかわいい灯台 入道崎灯台(⌒∇⌒)♪

周りがとーーっても広いからなのか小さく見えるよ。
日本の灯台50選にもは選ばれているんだって♪ 設置は1898年 ひょーーー明治31年!
すごいな

もう、うれしくってうれしっくって、こkまで乗せてきてくれたバスのお兄ちゃんの話も実は上の空だったんだ。

ずんずんと灯台ばっかり気にして進んできた。
後ろを振り向くと、灯台を3歩下がって見つめるように並んでたっているお土産屋さんたち

8633.jpg


やはりシーズンではないためか?それともまだ早いのか? まだ10:30頃 お土産屋さんはまだ開いていない所も。

8637.jpg


草の高さ これからの観光シーズンにあわせて刈ったんだろうな。気持ちがいいよ。
日本海ってグレーな空の風が強くて、波がざぱーーーーんっっっていうイメージだったのですが・・・。
まったくそれは間違いだったってことで、むしろ北海道に似たところだったよ。


1017~01

いいねっいいねっ 

8648.jpg



あーーーーーーーーーーーーもう最高で テンション高くなりすぎてこんな写真撮影までしちゃったわよーー

8668.jpg


きゃっほーーーーーーーーー 誰も見てない見てない(⌒∇⌒) あははは

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 男鹿半島 一人旅 みちのく 入道崎 バス お天気

湯本駐在所でバス・チェンジ みちのく女一人旅

でかーーーーっ 

8625.jpg


男鹿温泉郷なまはげ立像 
バスにたくさん人が乗ってなくってよかった。
写真バシバシ!バスの中から取りまくってた。

バスにゆるりゆられて、国道や県道を村に入るたびにウィンカーを出して縫うように村々によるように走る。
あーいいなぁ ゆっくりゆっくりのんびりさ加減がいい
43分ぐらいの乗車

途中、おばあさんが「よっこいせ」と乗ってきて病院で降りていった。

湯本駐在所 着 9:52 

すでに乗り換えのマイクロバスが待機

ここでもバスの運転手さんが降りる時に私に親切に「あの車が入道崎行きだからね」と教えてくれた。
ありがとう

8627.jpg


↑ 羽立駅から乗ってきたバス

8626.jpg


湯本駐在所から入道崎までを走ってくれる車 9:57発 ¥100 乗車時間5分

マイクロバスの中でおばぁちゃんと運転手のおにいさんはやっぱり地元の知り合いだから、お話に花が咲く。
ところどころしか言葉が分からない。

入道崎の手前でおばあちゃんは降りていった。
折際に「これ食べて」という風に言ったと思う。
ビニール袋に入った野菜らしきものだった。
「いつもすまないね」

入道崎到着 10:07

降りる時に運転手のお兄さんが
「帰りも車に乗るんでしょ?
何時のに乗ろうとしてるの?電話しなくていいように今聞いておくけど、どうする?」

声をかけてくれた。

帰りの車の時刻は次 11:26 その次は 13:06
わがままを言うのであれば 12:30ごろの時間がほしいところだけど、ないし、11:26じゃなんかゆっくりできないし、13:06じゃ時間ありすぎて寝ちゃうかも?
なので、ここは観光してご飯を食べながら時間を見てみることにした。

お兄さんに「13:06の予定ですが、乗る場合は1時間前までに電話します。」
せっかく気を使ってくれたのにごめんなさい

もし、さっきの湯本駐在所まで歩くとしたらどのくらいですか?

「ん~1時間ぐらいかな?」

それも頭に入れておこう(⌒∇⌒)ありがとうございます。

ものすごいお天気がよくって、暑いぐらいだ。
上着として着ていたパーカーを脱いでリュックに押し込んだ。

あああ!!ここが入道崎だーーーー!!! 

1002~01

シマシマシマシマ灯台♪

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 秋田 女一人旅 みちのく 男鹿半島 バス 交通手段 なまはげ

羽立駅を出発して入道崎へ向かう

駅に着くとお迎えに来ていた家族だかの車で皆様すぐに駅から居なくなってしまった。
バス停は・・・見つけたけど、待つ人影なし。

8613.jpg


さて、ここからがバスの乗り継ぎの時間やら調べておかないといっぱい遊べるか?
どうかがかかっている。

ここから湯本駐在所までのバスは路線バスなので時間になれば来る

ただし、湯本駐在所から入道崎は相川タクシー 0185-23-2211 へ湯本駐在所から入道崎までのバスを電話で一時間前にお願いしておく。

そして、湯本駐在所から桜島(加茂)までも秋田中央トランスポート 0185-23-2323 へ一時間前までに乗りますので、よろしくねの電話を入れる必要がある。

路線バス 羽立駅発  9:09 
     湯本駐在所着 9:52

バス乗り継ぎ 湯本駐在所発 9:57
      入道崎着 10:07

入道崎で 観光あーーんどご飯を食べる ♪ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーーい

日本国内であるので、連絡も楽だし、時間も正確だからほんとうに楽に旅ができると思う。
意外と時間通りに来なくてさ苦労したとか言うほど記憶に残っていたりするケドね。

自分の調べた時刻表が古い物ではないか?私が訪れる直前にダイアル変更になっていないかをチェック
おっと、いけないちゃんと相川タクシーへ湯本駐在所から入道崎までのバスをお願いって電話しなきゃっ

「はーい 相川です♪ お一人様ですねー 分かりましたーー」
まるで出前を取るようだった(^^)

8616.jpg


羽立駅前から湯本駐在所までのバスの時刻表
ステキな本数 お家に帰るのも終バス17:54に乗らないと帰宅できないみたいだ。

8614.jpg


こちらは湯本駐在所からの路線のダイアル
チェックOK
めんどくさーーって思うかも知れないけど、ちゃんと回れるように接続を考えてくれているからうれしいね。

8619.jpg


路線バス 羽立駅発 9:09 バス来た♪ よしよしって感じよ

8620.jpg


貸切♪ どこに乗っていいのか悩む
座ると、バスの運転手さんが「どこまでいくのかな?」

入道崎まで行きます。

「湯本駐在所から乗り換えるバスには連絡してある?」

はい(⌒∇⌒)b 電話してありまーーす♪

8622.jpg


さっき、私を乗せて秋田から羽立駅まで乗せてくれた電車?(ディーゼルカー?)が終点の
男鹿駅から折り返してきた

いいね、緑の中を走る緑の電車

8623.jpg

乗り換えの湯本駐在所までの運賃は¥710 (⌒∇⌒)


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 秋田 男鹿半島 交通手段 バス なまはげ 自由旅行 一人旅

男鹿線ってディーゼルカーだったんだね

スケジュール通り、秋田発 JR男鹿線 7:51に乗る。

白神山地へも行きたいな。それに乗って青森まで行きたいなぁ

8587.jpg


なにせ新潟から上の日本海側へは来たことがないのだよ
そのまま、秋田から青森へ行って北海道まで行っちゃいそう(^^)

8591.jpg
なんか懐かしさを感じる 重い電車のスタイル いいねぇ~この重量感!

電車はちょうど通学時間だったらしく、高校生たちがいっぱいだった。

8592.jpg


よし!男鹿半島へ行く電車で間違いない!とこのなまはげのイラストで確信。
知らない電車とか乗るのってドキドキする。

高校生がぞろぞろと降りていった船越駅からは急に車内が静かになった。

8598.jpg


ふと、窓の外を見ていると。。。窓の枠に書かれていたもの。
傷つけちゃだめじゃん!ひどいなぁ!と思いながらうまさに笑った。

8595.jpg


ゆっくりゆっくりと走るのかと思っていた。飯坂温泉へ行く、飯坂線がゆっくりだったから。
時々カンカンという踏み切りの音。ドップラー効果で消えていく

ガタンガタン、カタンカタンという大きな音は山手線や総武線ではほとんど聞くことができないよな。そういえば。
この音が心地よい。
単線だ。

8599.jpg


緑が濃くなって、木々の中をくぐるように走ったりして カタンカタン♪ 
このリズムがいいよね カタンカタタタタン♪
タタンタタン♪

8601.jpg


寒風山が見えてきた。標高355mのかわいい山  山頂の展望台は回転するらしい
あー大宮のそごうって昔 一番上の丸い部分って回転していたよなぁ
そんな感じなのかなぁ?

タタンタタタン♪
そのタタンカタンカタカタがゆっくりになると駅。
スピードを緩めるからだな。

8603.jpg

この景色だけでもお米おいしそうって想像しちゃうねーーー(⌒∇⌒)♪

さ、次の駅が下車予定の「羽立」(はだち)駅だ
タタンカタタン・・・カタ・・・ン カタ・・・ン 羽立~ 羽立~でっす(←でっすって言ってたw)

羽立駅に到着 無人駅 切符を一緒に乗ってきた車掌さんが集めてた。

8610.jpg


そして、ピィィーーー っと笛を吹いて電車はゆっくりゆっくりと煙を吹きながら行ってしまった。

え?煙? 

そうか!男鹿線はディーゼルカーだったんですね(⌒∇⌒)
今じゃなかなかの希少価値なのに乗っていたんだ♪
時代の流れの中、引退しないでがんばっている♪

8611.jpg

煙が出ているところを撮りたかったけど、失敗した。


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 秋田 男鹿半島 ディーゼルカー 女一人旅 窓の景色 ローカル線

男鹿半島めぐりのスケジュールを立てた時の話

6月12日
目が覚めたら、一瞬「ここどこだっけ?」だった。
何で左側にあったテレビが(福島のビジネスホテル)ナゼに今日は右側に?だった。

さてさて、本日6月12日(火曜日)
今回のみちのく女一人旅の一番のメインなのである。

8583.jpg
↑ 駅に向かう途中で足を止めた「新政」∩(´∀`)∩ワァイ♪ 

男鹿半島!なぐごはいねーがぁーーー!うぉー!のなまはげの半島「男鹿半島」なのです。

これ結構スケジュールを立てるのに数学の問題集をとくかのように時間を「これに乗るにはこの時間で・・・」逆算したりして、実はこういうの大好きなんです。
目指すは男鹿半島を一周!

バスで乗ったり降りたり・・・・のはずが、調べていくと、私の調べた情報が古かったらしくバスでは1周が出来ないことが判明。
んーーと考えていると、

おおぉ~!遊覧船利用でバスの路線が走っていないところを補えるではないか!ヽ( ´ ▽ ` )ノ わーい
船で移動だなんてステキだわ

しかし、その最終の時間は早いこと早いこと・・・15:30の表示だった。
これにあわせて、逆算して「よし!」となり、スケジュール表に書き込んで

らららーーん∩(´∀`)∩ なんて、他のホームページを見ていたらダヨ~?
男鹿半島にある水族館GAOから門前までの船は・・・

「運休中ですが、お問い合わせください」とあるのだ。ありゃ?不安だわ
すかさず電話してみた。

水族館GAOから門前まで船でたったの一人が移動したいことを話してみた。
(あわよくば、人数が多くて船がでるのであればそれに乗せてくれないだろうか?という気持ちだった)

しばらく電話を保留して考えてくれてたようだけど・・・その日は他のご要望がなく私一人だけなので、申し訳ない気持ちが電話の向こうから伝わるような丁寧なお断りをいただいた。すみません。ありがとう。
しょうがないよね。だめもとで電話してみたのだから。

なので、急遽時間もルートも変更である。
なぜか負けるもんかぁー!スケジュール組んでやるという気持ちになり燃えていたw
これまた面白いのである。

そして男鹿温泉までは路線バスがあるのだが、その先は電話で乗る意思を1時間前に連絡しなくてはいけない。
きっと、路線バスに乗る人が少なくなってしまって、空でバスを走らせるという状況になってしまった対策であろう。

そのかわり本当にこれでいいの?っていう運賃が100円なのだ。

うまく回れるかドキドキである。
んで、回るだけでなくしっかり遊んで温泉にも入ってこようというスケジュールを完成させた。

すばらしぃーー!( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!! 自画自賛である。

さて、なまはげに見送られて出発である。

8586.jpg

なまはげさーーん
いってきまーーーーーす ヽ( ´ ▽ ` )ノ  らららら


すっきりとした湿気のない気持ちがよいお天気

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 男鹿半島 女一人旅 なまはげ バス 電車 スケジュール 計画表

川反通りで秋田をいただく ♪ みちのく一人旅

朝、ゆっくりと飯坂温泉でお風呂に入ったから、ビジネスホテルのお風呂はとても清潔だけど狭くて、「洗う」だけの用途でリラックスするのには難しいね。
いんゃ、わがまま言いませんよ。
お布団に横になって眠れるだけ幸せだ。

お風呂(シャワー)を済ませて、着替えて少しお洗濯をして「さてと・・・」

夜の街へ繰り出すかーーーーー(⌒∇⌒)b 何食べようかなぁ
食べてばかりだなぁ

おおっ ここが有名な 竿燈祭りの通り 山王大通りかーーーー お祭りの時はめちゃめちゃにぎわうんだろうなーー
今は信号待ちしなくても平気で道を渡れちゃうけど。

8567.jpg

テクテク歩いていくと、「美味しい・道に美味しい料理。人情に酔う宵の街」と書かれた 
酔・宵 川反界隈めぐりの案内図。

8568.jpg

いいなぁ~こういうの大好き♪ 全部入ってみたいよ。川反通りへ

岩牡蠣がばばーーーんとかかれた店先の看板につられて入った。

8572.jpg


ビールはもう飲み飽きちゃったので、初めから日本酒にした。

8573.jpg


一人ででも恥ずかしいのにちょっと恥ずかしい竹でできた徳利とお猪口が来たーー!
しかも桶の中に氷が敷き詰めてあって、竹が立ってるーーーっ
1合しか頼んでないのに。 いいのかなぁ?なんて思ったりした。

1910~01


岩牡蠣とはたはた(鰰)の昆布〆刺身♪ ハタハタって神聖な魚なんだな~魚へんに神様の神が付くのだから。
その後、珍しいものを薦めてくれて、「根曲がりたけ」というのを食べた。
お店でくれた「食材豆知識」となる紙に

「それは根性が曲がっているからではありません
 高山は春遅くまで雪が残ります。そのため根吹く直前まで押しつぶされておりその後遺症で根が曲がります。
ユキが早く消えたところではまっすぐに育ちます。」お店のいただきましたご説明を参考にさせていただきました。

へぇーーーーー(⌒∇⌒) たけのこ好き♪ 細くって食べやすくって美味しかったわ

ここの名前が「はたはた家」だった。 お店を出てからあ~はたはた家って言うんだって知ったすまない。
すっかり日が暮れると、たくさんのタクシーがこの川反通りをゆっくり走っていた。流しなんだな。

電球色のやさしいオレンジ色がレトロな建物によく似合い。
すっかり気に入ったなぁ

そのまま、帰りにコンビニに寄って、ジュースを買ってホテルに戻り、おとなしく就寝しました。

よく食べてよく寝てよく歩いております。

しかし、女一人旅となりますと、なにか理由あって旅しているみたいに思われるもんですね。
お店の人がここまで聞いていいのかなぁ?という所を感じます。
傷心旅行のかたが多いのかしら?
女一人旅だと。

日本海側だとよけい? そんなイメージなのか? (⌒∇⌒)

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 秋田 川反通り 日本酒 岩牡蠣 居酒屋 ハタハタ

本場の稲庭うどんを食する 

お昼に仙台で買ったお弁当「金と銀のさんま寿司」を食べたのに。
しかも、バスに乗ってて動いてないのに。
小腹が空いた。
夕飯までには早い16:00である。

なんだけれども・・・秋田へ滞在して食事する回数を考えると食べたいものが何か妥協しなくてはならないのだ。
胃袋がもっとでかかったらなぁ

ガイドブックで載っているのをそのままっていうのはなんとなくしゃくだと思うヘソ曲がりであるが、そういうところって本当にオススメなのかな?と思うのも正直なところである。

8557.jpg


ホテルに向かう通り道にあるのはここだった。
こんな時間でも営業しているんだ、ならばっ
秋田の「稲庭うどん」 無限堂秋田駅前店さん

入り口を入ったのはいいけど、どこへ行ったらいいのか分からないので、そこら辺のドアらしきところを開けて入った。
立派な壷があった。

8559.jpg


やっぱりこんなへんてこな時間に来る人は居ないらしく、メニューもこの時間用というのがあって、それでも稲庭うどんを食べさせてもらえるのはうれしいかもしれない。

8560.jpg


乾麺しか稲庭うどんを食べたことがなかったので、本当は生めんとかあるのかと無知で下調べもしてこない私は運ばれてきたおうどんをみて、稲庭うどんの土地に来てもそーなんだと思った。
で、いいんだよね?

静かで道路がとても広い。高いビルがないのでごみごみした感じがしないし、脇には蓮の浮く水郷
千秋公園への入り口 中土橋通りすぐそばだ(地図を見ながらw)

8562.jpg


街中だと川の水もちょっと汚れているのだろうなーーと思っていたけど、透き通っていてきれい。
えーーと「旭川」?
これでもう私は秋田が好きになった。

8564.jpg


とりあえずチェックインをして落ち着きましょうかね。
荷物はさほど重くないけど、落ち着きたいね。

本日のお宿は「ビジネスホテル はくと」さん 今日から2泊よろしくね。

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green


テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 交通手段 秋田 稲庭うどん チェックイン 乾麺 小腹

みちのく一人旅 仙台→ 秋田へ上陸!高速バスの旅♪

仙台駅で乗り継いで、秋田へ向かう高速バス

ごめん ちょっとお弁当でお腹が膨れて気持ちよくなって寝ちゃってたw
眠たい時に眠れるって幸せだ。

さんきゅうバイバイ宮城県 こんにちは岩手県ヽ( ´ ▽ ` )ノ ハーイ

8544.jpg


まだまだ世界遺産に認定された平泉には観光客はいっぱいだろうな。
それは母を誘って来よう♪

北上ジャンクションから秋田自動車道路へ♪
この高速自動車道路は初めて通る♪
空がすかーーんと開けて、いままでの山々の景色とはちょっと違うかも?と言うのに気が付く。
片側1車線に 

8552.jpg


トンネルを何回か抜けると・・・
田んぼが広がる。
青々とした芝生のような緑が広がって、美しい。

いい季節に来たなぁーー イベントもなんにも無い時期だけど、田んぼがとにかくきれいだ。
お天気もいい 湿気もない 一番気持ちがよい季節に来たかもしれないな

8553.jpg

もうちょっと乗っていたい気もする(^^)
もうそろそろ秋田駅に到着

見通しのよい広い道路。

遠くからでも分かる立派な建物。アレが駅かなぁ?さすがに新幹線が止まる駅だ。

8554.jpg

どうもありがとうございましたって運転手さんにお礼をいって、一番最後に降りようとゆっくりしてそして、足を揃えてバスから降りた。秋田駅東口着 15:35

じゃじゃーーーん♪ 秋田へ 上陸!
え?上陸??? あれ?なんていうんだ?と悩んでいると、まだ降りてない人がいたみたいで、
あ、すみません 邪魔にならないように1歩左へ

さてと。。。。バスで来るのもだし、電車でも来たことが無い。
車でぶーーーんと何も考えないで走って青森まできて、十和田湖を見てちょろっと秋田の領域に足を踏み入れただけの「秋田制覇」であったのだ。

しかし、昔は何も考えずして日本の都道府県全部通るってことをやっていた。
ちなみに足を踏み入れてないのは無い。

なので、秋田ははっきりいって「ごめんなさい 改めてゆっくりお伺いいたしました」と挨拶したほうがよい・
東京からの手土産は持って来ませんでしたが、受け入れてくださいませ。

福島駅と同様に自分の泊まる宿とは反対の場所におりたのでとりあえず、駅の反対側にいかねばなんねーのだ。
人が居なくてちょっと「ここでいいのかなぁ?」

8556.jpg


おぉぉ!! バスを降りたところと同じような感じなのかなぁとイメージしていたのだけれども、失礼!
都会だぁーー 

ここが改札ね (指差し確認)
ここがお土産屋さん(指差し確認)

で、私はどーやって宿までいけばよいかなぁ~と地図を広げる。ま、どうにかなるでしょ(^^)

お土産ってなにがあるんだろ?ちょっとのつもりが既に日本酒をいくつか買ってしまい。
あああーー! 大好きな新政!
あなたのお酒を沢山飲みたくてここに来たのよーーー!
もう、二度と会えないのではないかというような感じで、東京の自分の家に送ってしまったのである(早っ!!!)

秋田へ上陸(?)してまだ30分もたっていないのである。


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : 一人旅
ジャンル : 旅行

tag : バリ雑貨 秋田駅 高速バス 長距離バス 新政 一人旅 気まま旅 自由旅行

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。