スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パダンバイへ着いたのはいいけど

いや~~帰りは早い♪ 外を眺めていたら、(ほかのスピードボートとかもすれ違ったりするので楽しい)到着。
自分の荷物を持って、外に出るとまた桟橋の上はごっちゃかえしていた。
これから乗る人、降りた人・・・

1511_20140615000329333.jpg


さて、さてだよ?ここまでついたのはいいけど、こっからクタまで行くにはどの車に乗ったらいいのか?
そこの前にどこへ行ったらよいのか?

流れに乗って歩くと、一緒にプラマ社のコモドツアーに参加した仲間(ほら、ゲリーが一緒の船に乗って生活をした人はファミリーです。って言ってたから)
発見

すかさず、追いかけて聞いてみる。同じ行先であれば頼もしい。
ねぇ、ねぇ、これからどこへ行くの?

「ウブド」

あちゃー残念 (* ̄ρ ̄)”ほほぅ… 元気でね バイバイ よい旅を!なんてお決まりの言葉を並べてさようなら。
もう、仲間は誰一人いなかった。なんだか本当にバラバラになったね。


1513.jpg


結局、クタへ向かうプラマのツアー参加者の中では私一人になった。これは意外だった。
ウブドへ行く
チャンディダサへ行く
ロビナへ行く
サヌールへ行く

バイバイね みんな 本当にここでお別れだね。

こうなったら、うーーん、えーーとなんて言ってられん!!!
押し気味で行かないと負けちゃうよ
負けるもんかっ 日本人だってぐいぐい行くからねっ

誘導しているような人(制服もないしわかんない)ローカルの人に高速船に乗ったチケットの半券を見せる。
クタまでなんだけど、どこへ行けばいいの?

指を差されて
「あっち」

ずんすん進む

また車がいっぱいだし、どれだかわからない

「あっちの方」

進む、半分、負けるもんか~!って気合だ。
また聞く、

「この車」

よしっ!!!

しかし・・・いっぱいだよ。この車って8人乗りぐらいでは????

乗れ乗れ乗れ!!!とドライバーらしき人が言ってる。
大人3人のところ4人 

それもの私が乗るスペースがない・・・ うむむ

1515.jpg


で、運転手にどーすんの?私もクタいきななんです。乗れないのですか?って話をしてみたら、あらら冷たいわ
じゃ、あっち なんかあっちだそっちだって・・・もし、本当に乗れなかったらどーするんだろ・・・

荒いなぁ 負けるもんかっ

あっちという方の車へ もうやけっぱちだ
チケットを見せて「クタへ行くのよどれに乗ればいいの?」ってなんだろうな怒ってはいないです。でも自分でちょっと強めに言ってみたけど、小心者なので、あ、ごめんなさいなんて付け加えたりしてました。

でも、日本人並みの優しい言い方で、待つような言い方ではだめかも?と悟りまして。
自信を持って言ってみたわさ

じゃあ、あっち またあっち???・・・本当に乗れるの?ねぇ
こりゃ大人しい人だったら無理かも・・・

あっちっていう先言ってみれば、今来たところを指さし「あっち!」という おいおい ってか、そのあっちでここって言われたんだけど、さすがの私もあきれた

そうかと・・・ならば、乗れというけど、すでにパンパン
助手席の女性の横(運転者+2名)となる
隣になる女性が華奢な方でよかった。。。

出発、隣の人の足がくっつこうが、のしかかろうがそんなの気にしてられません。そんな状況
クタからパダンバイへ来た時よりすんごいわ・・・。

運転手、出発の時間なんてなさそうだし、知らされてないけど、ものすごく急いでる感じ。
ボートから降りて「おトイレに行こう」なんて思っていたら、出発されていること間違いなし。

また来た時みたいに事故にならなけりゃいいけど・・・・

スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 交通手段 一人旅 クタ レギャン バイク旅

バリ雑貨チチャ ヤモリとかトカゲとかトッケイとかゲッコーとか好き?

なかなか、好き嫌いが分かれる爬虫類に両生類だけれども(o^∇^o)ノ
マニアさんにはもーたまらない商品です。

MG-245-oppo2.jpg

どどーーんと特徴であるしっぽ

MG-245-yoko.jpg

なんたって、この手がかわいいっ

そして、この商品の素晴らしいところは

MG-245-up.jpg

全体に施されたアカンサスの美しいこと美しいこと♪

MG-245.jpg

大中小と3サイズをご用意してお待ちしてます(o^∇^o)ノ


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green




テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 ヤモリ トッケイ ゲッコー トカゲ 一人旅 バリ島

コモド・ドラゴンに会いに行くぞ!#56 バリ島への高速船乗り場

来る時は港に到着すれば予約してなくても、タクシーなんてあるんじゃないの?なんて軽い気持ちで考えてたのは今となると「おー怖い」考えだったと思う。

1475_2014060510073518e.jpg


確認もしないで、島に渡ればどーにかなるでしょ。宿までどーにか行けるでしょなんて、
ついたとたんにプラマ社が迎えに来てくれていて、(来てくれるんだというのをその時初めて知った)よかった。
結構、距離あるよ。

かといえば、帰りの船乗り場までプラマのバスで送ってもらうと、バスはバイバーイってなもんで、さっさと引き返していってしまった。

どうすんだ?
大きな荷物を持って降りたあたりに、どっさりとバッグを下ろすと、隣でタバコを吸いながらコーヒーを飲みながらトランプゲームをしていたお兄ちゃんが「おっと、」という風に気が付いてやってきた。

P0900.jpg


なんだか、これから港用の建物でも作ろうって感じなのかな?
いいのになぁー なんにもしなくって お願いだから自然のままにしておいてほしい。

1487.jpg


え?ここが受付?って感じのこの意外性がよいよー 
ぼろぼろのノートを見ながら今日、乗船する人をチェックしてる。
ノートに私の名前もあってちょっと安心♪

1485.jpg


しばらくぼけーーーっと、日陰で座って、にゃあにゃあ来た子猫などと遊んでいると、(しばらくというよりもかなり)

1496.jpg


来た!

もちろん、とってもナチュラルな港(?)には 「どこどこ行きの船が到着しました~乗ってください」なんていうアナウンスもなく、

「これ?」と聞いて乗り込む

1497.jpg


足を滑らせて、船から落ちちゃうかも?ってぐらい細いステップをよいっしょと登って、乗り込むとギリ島からの乗客で満席の状態だった。
友達と一緒にバリ島やロンボク島やギリ島を周っているんだろうな。
わいわいと若い人達でいっぱいだった。

1503.jpg


薄っぺらいシートの座り心地はお世辞にも座り心地がよいとは言えず、船はスピードを出すと、ちょっとお尻が浮くような感覚がする。

ロンボクへ来る時は バリ島パダンバイ→ギリ3島を経由してロンボク島へ入ったけど、帰りはロンボク島から直行でバリ島へ到着らしい。
どうやら私が利用した何ヵ月後にはバリ島からロンボク島への直行路線が出来るというポスターが船内に張ってあった。

1498.jpg

楽しかった楽しかった 行ったこと無いところ、知らないところいくのってドオキドキで不安だけど、それがまた楽しい。
帰るってことになるとちょっと寂しい、いや、だいぶ寂しい

1502.jpg

船の上に乗って投げ出す素足がこれまた気持ちよさそうだった。

長い「コモドドラゴンに会いに行くぞ!」だったけれど、どうもありがとう
いろんな楽しいこと驚いたこと、感動したこと色々たくさんあったので、どれもこれも書き留めたいと長くなっちゃった。

次からはバリ島のパダンバイについてからのお話になります。


↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 宿 一人旅 ロンボク島 プラマ社 コモドドラゴン

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。