スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画のないバリ島小旅行その14 マドウィ・カラン寺院

バイクで走りだすと風が生まれるので涼しい。
雨だと「この生地の厚さでは薄かったなぁ」と感じるほどの気温だけれども、
晴れると「もうちょっと薄めなのにすればよかった」と自分の都合しか考えていないのだった。

ベジ寺院からほんのちょっと走った先にマドウィ・カラン寺院がある。
ここへは何年前だったかなぁ?
立ち寄ったのだが、サロンを持参していなくて泣く泣く立ち去ったところなのだ。

いざ!リベンジ!

3111.jpg


いや、本当はサロン持ってなくても、見たいって言ったら貸してくれたかもしんないなぁってあの時は思ったのはずいぶんたってからの事。
ま、仕方がない過ぎたことだしね。
今回はちゃんと持参しているし♪

3108.jpg

よいしょよいしょと巻きなれないサロンで階段を登るのはちょっと大変
振り返るとシガラジャの市内の方向

3109.jpg


入場料金はお布施 (おつりとかはくれないので、細かいのを持っていないと大金がお布施となるので注意)
私は30,000Rpほどを払った。

お布施箱の隣に洗濯かご(?)があった。 その中に腰帯(スレンダン)とサロンがあった。
あ、ちゃんと貸してくれたりもしてたんだね実は。

3088.jpg

すると 行きましょうか?といってここではガイドらしき人が付く。
日本語は話せません 英語かインドネシア語のどちらで話した方がいい?と聞いてくる。
んーーどちらも達者ではないのだが、インドネシア語でお願いした。

理解できるだろうか( ̄ω ̄)・・・ たぶん、できないだろうw
まず、今は女性の日ではないかと聞かれる(旗日はお寺には入ってはダメヨ)
これはローカルでさえ守っていることだから、私たちもきちんと守らないといけない。
ならば、見学へGO!
女性ってめんどくさいよねぇ~

サロンを巻いていても、スレンダンをしているかどうかってのも聞かれる場所が多し。
ちゃんとしてます。ティダアパアパです。

3105.jpg

ここのレリーフもかなり細かい やはりバリ北部らしい装飾寺院だ。
ベジに比べると若干細かさが劣るかな?

3101.jpg

↑指入り 画像w 

3099.jpg


ここの土地の神様を祀っているとの事 名前は忘れてしまったが女性であった。

ヒンドゥー教の聖典の一つであるラーマヤナの登場人物の像が43体あり、43体すべてが全く同じでない像なのには感心する。

3096.jpg

結局、インドネシア語で言ってもらっても、それって何?と分からない単語が出てきて聞き返すと 英語に変換してもらったりと
ガイドさん大変である。すみませんねぇ

3095.jpg

右からのガルーダ

3097.jpg

左からのガルーダ

3098.jpg

すると、ガイドさんが話しながらフランジパニを拾ってこちょこちょといじっている。

はい♪あなたにプレゼントだよ

3092.jpg

(o^∇^o) わぁ どうやって作ったの? フランジパニ2輪をうまく重ねて教えてくれたが、うまくはできないのだよ。
器用だねぇ

(o ̄∀ ̄)ノ”毎日作っているからね。僕はこ~んな時から(ジェスチャーで腰の辺りまで身長の高さを示した)
ここで遊んだりして、今はここでこうやってガイドをしているのさ。

(⌒∇⌒) もうここはあなたの家のようなものね

急いでいるのか?通じなかったのか?この言葉に返事はなかった。

そしてお目当てのレリーフが登場♪

3089.jpg

またしても指がはいちゃった画像である。おもしろいなぁ

チャリんこに乗っているのだ。
リアの車輪が蓮になっている。

フロントの車輪の三角のマークは永久、永遠を表しているのだという。
このマークがあちらこちらの石像やレリーフに出てくる。

オランダ兵が来た時にここが壊されて、新しく作り直した時にこのチャリンコレリーフを作った。
というのが私がたぶんこういっているのだろうと解釈した。

語学の壁よ壁~~~


スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 バイク旅 一人旅 交通手段 マドウィ・カラン寺院 寺めぐり

計画のないバリ島小旅行その13 ベジ寺院にて2

さて、ギター弾きオランダ兵とチェロ(?)弾き日本兵をじっくり見た後、さらに奥へ進む
昨日までの雨のおかげでが艶やかな芝が本当に色鮮やかできれいだ。

3060.jpg


人工芝だってこんなにきれいでないよ。と、思う←人工芝をあまり知らないので若干弱気w

3061.jpg


芝に焦点を合わせると建造物がっ 建造物に合わせると芝がっ デジカメって難しいですねぇ
うまい使い方がきっとあるんでしょうねぇ

さて、けん建造物の続き

はっきり言おう どこから見ていいのかわかりません。
かなり彫が深い

3064.jpg


細かい彫と長い年月を思わせるコケやシダ。これがとっても美しいんだよね。

3069.jpg

この先は旅行者は立ち入り禁止。信者のみだよんとかいう看板はあるけれども、ぐるっと建造物に囲まれるのも素晴らしい。
ものすごい高さのある建造物でないので、芝がきれいに見えて、空がきれいに見えてと考えて建てたのかな?とも思った。
晴れるととにかく色がきれいだった。
よい時にきたものだ。

3070.jpg


しかし。。。暑い暑い こんなに暑くなるなんて思っていなかったので、サロンを巻いてあとはパーカー付のトレーナージャケットでいいやって思っていたけど、背中がびっしょり のぼせた感じになる。
(寺院はノースリーブ×、サロン(ロングパンツOKとかロングスカートならOK))

3073.jpg


今来た道を戻り、ヘルメットを受け取り狭すぎるんじゃないか?と思える扉を抜け、バイクの待つ駐車場に戻ると、水をがぶがぶ飲んで、いったんトレーナーを脱いで涼んだ。

汗ダラダラだぁ~~~

3074.jpg

画像ばかりになっちゃったけど、画像も載せきれない
そんだけ素敵だった

DSCF7199-3.jpg


今、ここらへん

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 バイク旅 一人旅 お寺 女一人

バリ島滞在記2014年2月 計画のないバリ島小旅行その12 ベジ寺院へ

ごちゃごちゃしたシガラジャを通り抜けて・・・
いつもシガラジャの貿易入口である港を見てみたいと思うのだが、他の車にほかのバイクに気を取られているとあれよあれよと
流されて通り過ぎてしまうのだよ。

車と違って地図を見ながら走れないし、ナビなんてあっても見てらんないから頭の中に地図を入れ込む!
入れ込むべしっ 入れ込むべしっ

距離感ってのが全くないので覚えるのは右に海が見えてしばらく走ったら山に入ってぇ~ ドン突を右! その次はT字路左!とかこんなもん
こんなんだからどこ走っているのか?今どこいら辺かなぁ?って正確なのはわからない。
道の本数とかそんなもんで覚えるかなぁ?

曲がり角に何があるかだなんて、はっきり言って地図がこれほどあてにならないのも珍しい。

ガソリンを満タンにしてブーーンとごちゃごちゃしたところを抜けて・・・
んーー・・・そろそろだと思うのだけれども・・・

∑( ̄Д ̄;) あぁぁ!
絶対見逃す!こんなちいさなの見逃す!!!
ごちゃごちゃとした町中のパサールらしきごちゃごちゃの中にあった看板は約50cm幅ぐらいの小さな看板だった。

看板があったからすぐ曲がっちゃったけど、実は「この先の30m先を右」とかって小さい字で書いてあったのではないかと思う。
不安になりながら走る。
ま、いいか間違えたらまた引き戻せばいい。

町を抜けてしまいそうですがー・・・いいんでしょうかぁ?
って不安にあったころに「これ?」っていうお寺が出てくる。お寺らしき向かい側には駐車場。
がらーーーん 誰もいない。

ここでいいのかなぁ? バイク止めるのって。
あんまし広くて他全然止めてある車もバイクもないとどこへ止めようか悩む。
とりあえず日陰

びっくりするくらい昨日とは違いすぎるのだよ。
空がね空がね あ・お・い 青いのだよ。んでね んでね べらぼうに暑くなりました。
昨日まで肌寒かったのはなんだったのでしょう?


3079.jpg


ベジ寺院 Pura Beji
バリ北部はバリ南部と違った レリーフの細かさが見事だという。
どれどれ見てみましょう♪

イマサンぐらいにどこで曲がるのかってわからなくって、見つけられたらっていうぐらいの熱意。(←わかる?)

3050.jpg


とても芝生がきれい♪ とってもお手入れができている寺院内

3055.jpg

↑これだけでもテンション上がるね♪

だあれもほかの人がいなかったので、勝ってがわからんのできょろきょろしていたけれど、挙動不審な私を見っけて寺院関係らしき方がやってきて

受付場所に案内してくれた(受付場所っていっても簡単な箱と名前記入のノートが置いてあるだけ)

ヘルメットも持ちながらなので、聞いてみる。
置かせてもらってもいい? もちろん 「いいよ」(⌒∇⌒)ありがとう

3054.jpg


シガラジャ(バリ北部)はまたバリ南部と違って彫がなんたって細かい。上から下まで隙間なく彫が施されている。
年々劣化してしまったとのことだが、色もついていたというのだ。

この彫がほんっとにすごい!すばらしい!一つ一つがすべて違うの

3072.jpg


そしてここで有名なのが・・・・どこにあるのかなぁ・・・ しかし、ものすごい暑い

3059.jpg


んーーーー???? あーれーかーなぁーー 

3058.jpg


あったぁーーー (o^∇^o)ノ 
左、ギターを弾くオランダ兵
右、チェロ(?)を弾く日本兵

第二次大戦後あたりにこちらは造られたと思われる。
なんだかかわいらしく思える。

何頭身?? 確かに日本人らしい顔、オランダ人らしい顔 うまく表現できている。
楽器はなんの意味があるのだろう?

もう少し語学力があればいいのになって思う いっつも いつも
ここはガイドみたいな人がずっとついてこないので好きなように見てられますよ♪

ベジ寺院 貸切 ベジ寺院 (^。^) 
だけど、緊張します


テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ島 自由旅行 バリ雑貨 バイク旅 一人旅 お寺巡り 気まま旅 ベジ寺院

バリ雑貨チチャ★チチャ・バリ.com ニュース♪ アタバッグてんこ盛り

夏と言ったら アタバッグ♪ 涼しげんでもって高級感たっぷり
エレガントだったりカジュアルだったり、スウィートだったり ポップだったり、純日本風だったり
不思議に合わせてくれちゃうところがすんばらしいっ

AT-144-IMG.jpg


お値段も 直接買い付けだからできるこの価格♪

AT-144-IMG2.jpg

個性的なスタイルをチョイスしてきました。
好みのアタバッグはあるかしら?

AT-145-ATAS.jpg


ちょっと覗いてみてくださいね♪
AT-143-UP2.jpg

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 アタバッグ 夏バッグ カゴバッグ バリ島 浴衣

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。