スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ島一筆の旅2014年11月 言葉通じなくっても

朝、早く寝たから早く起きる 湿気を含んだ空気が扉を開けるとすぅっと入ってくる。新しい空気だ。
アラームなんてかけていない 自然に目が覚める それでも遅めだ 6:30
寝ているのがもったいないって思うほど目を開けてバリの景色を見ていたいと思う。

ぼけーーって部屋の前で椅子に座っているとここちよい庭を箒で掃く音
リズミカルですきなんだ。

マッパギ(おはよう)マッパギ

ニカっって笑ってくれる。白い歯がきれい。

4288.jpg


ちょっと海を散歩してくる。朝の散歩だ
んでもって昨日のお店でお約束のフレッシュレモンジュースを頼んで飲む。

4325_20160228164003fc2.jpg


これが前回へろへろになっていた時に生き返ったジュースなんだ。
酸っぱくてはちみつ入れてくれてつぶつぶも残るくらいのフレッシュジュース。
相変わらず2杯頼むw
暑い国にはやっぱりビタミンCだねぇ

4316_20160228164002f5f.jpg


のら鶏がゴミあさってる。
逃げるわけでもないむしろ立ち止まって見ていると「何か?」っていう顔で見返される。
強いな鶏

てこてこと宿に戻る私を見てかするとフロントから宿の女の子がやってきて

「マンゴー好きだったよね?あとねこれはジャウっていう果物なの オレオレ(お土産ね)どうぞ食べてね」

4285.jpg


いいの?

「いいのよ 前来た時に石鹸くれたじゃない?」

あーーーすげーーー
たしかにっ 私チャンディダサによった時に石鹸を買ったのアラムゼンポールの

着いてから、お土産なんも持ってきてないことに気が付いて 石鹸を「日本の物でないのだけれどもごめんね これ」って彼女にあげた。

覚えてくれてたんだ・・・なんかうれしくって ありがとう うれしいってしか言えないインドネシア語を悔やんだ。
もっともっとお礼を言いたかった。

あたし!勉強するわ!インドネシア語!

ジャウっていう果物は食べると歯茎がしぶしぶになるぐらい舌が紫になるくらいの実なの。

フロントの前に言って朝食をいただく

彼女は「ねぇ、本当に1泊だけなの 帰ってしまうの?」

だよね?あの時なんでもう1泊できなかった理由があっただろうか?
急ぐ理由?

次の場所で友人の弟君が待っているのだ。
そこでの宿を心配してくれてた私に友人の弟君との待ち合わせがあったの。

また来る絶対来る。

不思議だ 英語もインドネシア語もほとんどできない日本人
日本語ができないバリ人

言葉少なくっても伝わる。また来てね 忘れないでね私の事

ジョークの一つでもいってやりたい。
そのジョークを伝える言語が不足ストレートの返事しかできない。
あぁ、言葉の壁

なんで私なんかにやさしくしてくれるのだろう?

4328.jpg


バナナはこの国へ来てから目から鱗ぽろりだ
熟されたバナナ もんのすごくおいしい 刈取る時期がいいんだろうな。
しかもバナナもいろんな種類があるからもくもくが好きな人、すっきり甘さだけど柔らかいのが好きな人もいると思う。
そんなのが選べて食べられる。

皮が青くったって中身はものすごくさっぱりしていてうまい。
がりがりなんかじゃない。すっきり甘さのバナナ。これを食べた時はパサール(市場)で房買いしたよ。

たかがバナナ、されどバナナだ。

約束をして オーナーのパパには今回会えなかったけど、よろしく伝えてねって言って

さぁ!次の目的地へ出発だーーー!

あたしね もっとあなたと話がしたいと思うの
だからねインドネシア語勉強してくるからね。

彼女は あたしも日本語わからなくってごめんなさいっていう。
じゃあ、今度は先生と生徒で勉強教えてくれる?

いいね(⌒∇⌒) 
日本語勉強したいの 日本が大好きなの 行ってみたいわ
雪を見てみたいわ触ってみたいわ 空からシャーベットが降るのを見てみたいわ 
葉っぱが出る前に花が咲くサクラ見てみたいわ 花でいっぱいになるんでしょ? その下でお祭りするんでしょ?
フジヤマ見てみたい・・・ 日本行ってみたいなーー


スポンサーサイト

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ島 一人旅 ロビナ 交通手段 バイク旅 一人 マンゴー

バリ島一筆の旅2014年11月 まったりロビナ

さて、メーターは23403.6km クタから出発しての走行距離は175.6kmだ
4331_2016022815325234f.jpg


この場所にはこれと言っての観光するところはないロビナの外れ。

ビールを飲んで、シャワーを浴びて湯上りビールをまた飲んで♪

あーー アクセルひねってた手がまだちょっとビリビリする。

0347_20160228153428dc5.jpg

鼻の中をティッシュでぐりぐり 予想以上に真っ黒なのにおーーー!と一人でテンションが上がる♪
ならば逆側は? おーーーー! 

4290-2.jpg


すごいなぁと感心しているけど、この空気を吸っているんだなって思うと明日からまたちゃんとマスクをかけて運転しようと思うのだった。

宿から海へはもうほんとに1分もかからないぐらいだよ

波もない穏やかな海が見られる。残念ながらここは白砂でない黒い砂浜だ。

はっきり言って年々浜が狭くなってきている。
これは確実だ。

時々物売りおばちゃんがやってくる。
観光客が少ないこの場所にだ
どれだけの人が買ってくれるのだろうか?

木彫りとか貝殻の細工ってのは興味ないけど、たまーーに 真珠のとっても小さな米粒くらいなのを紐に通してブレスレットを売っている。
これがまたシンプルでいいのだ。

差し出されて「お!」なんて興味のある顔なんていちゃいけないいけない(笑)
あくまでも冷静に欲しくないんだよなぁ~~って装う。

んーー欲しくないんだけどなぁ・・・(ほんとは欲しい)しゃーないなぁ じゃあいくら?
えーーそんなんじゃいらないよぉ 前回来ている時もこれ買ってるのよ 持っているのよ。
毎回来てていっぱいになっちゃうのよ・・・

じゃあーーー・・・

結局買うwww

4308.jpg

しかし、今回は真珠のブレスレットの物売りが来なかったなぁ~

結構覚えててくれて、「あなた今年の初めに来たわよね?」とか言われてしまう。
正体ばれてる 悪いことしてないけど(⌒∇⌒) 

あんまり日本人が来ないからよく覚えているわ
おばちゃんはにっこりしながら頭を人差し指でとんとん2回ほど突いてジャスチャーした。

すごい記憶力だな。あたしはごめんなさい 覚え悪くて
いつも誰でも友達みたいに話してくれる。馴染みやすい そうフレンドリーね。

4307.jpg


砂浜にはコッコッコ (インドネシアでは鶏の鳴き声を コッコヨロヨーって表現します)

しかも漁師さんの家なんだよね。そのまんま飾らないローカル色強し!
鶏に犬にヤギに豚に・・・なんでもありありな ここの砂浜。

毎回来るから似たような画像ばっかしになってしまってごめんね。

夕飯はワルンで

4298.jpg


さすがに夜になるとどこからかツーリストがやってくる。
ここはヨーロピアンが多い
長期滞在だという。ここはロビナビーチから外れてて(ロビナビーチのほうもかなり静かだけど)ローカル色が強くてよっくりしてられるので好き

なのよっていう夫婦

毎日何をして過ごしているの? 「本を読んだり、散歩したりね」時間の使い方が違うんだなって思った。

4299.jpg


魚がうまいんだよね。もちろん魚の名前を言われたって「はて?それはなんぞや?」なのだ。
文字だけではどんな料理なのかわからいけど、えい!って冒険だ。選んでみる。

辛いのは大丈夫?聞かれると辛いのは好きだけど、限度がわからないので
まあまあと言って返す。

出てきて量の多さに残せない性分な私の心は(ひぃ~~多い)とぼやく
戦闘態勢である。いざ出陣!


テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : 一人旅 自由旅行 バリ雑貨 バリ島 ロビナ バイク旅

いつものロビナでのお宿 プスパラマへ

さて、無事走り出してしばらくしてガソリンを入れるためにバイクを止めたところで
走行距離を見る

4250.jpg


23335.7kmである クタから走り出して大体100kmを超えた。

と、こんなところで?というところで検問をやっている・・・
車もほとんど通らないこんなところでご苦労様です。

あまり車も通らないところでツーリストだと暇つぶし的にからかわれたりするもんだ。。。ヤダな

止められてヘルメットを脱ぐように言われてライセンスを見せるように求められた。
差し出してしばし沈黙(なんか言われるか?なんか罰金とか取られるか?ドキドキだ)

するとすんなりと返してくれ、どこまでいくのか聞いてきたので「ロビナまで行きます」と言うと解放・・・・?

「ちょっとこのライセンス貸してね。5分・・・いや3分で返すから」とおまわりさんは言うのだ。

え?なになんで?えー持って行かないでよ。この場から早く離れたいのに・・・

すると対向車線にそのままでは後で日焼けが辛くなるよっていうタンクトップのみの二人乗りをしツーリスト。
どうやらライセンスが無いらしく、

こういうのを持ちなさい(?)こういうのを出して(?)とでも話しているのか?
私の変顔写真が貼られているライセンスを見せているのだ。。。 

そうしたらそのライセンスを持ったまま二人乗りのツーリストのにお説教モード突入・・・あたしはどうすりゃいいのだ?

4247.jpg


あのーー・・・ すみません おまわりさん・・・あたしそろそろ行きたいんだけど、もう私のライセンス返してほしいのですが・・・
と言ってみたら

そのおまわりさん人がいいのか「おーー!」とか低い声で行ったかと思うとライセンスを取りに行ってくれた。

おーーって・・・www

無事、ライセンス回収して走り出す~~~ 

4270.jpg


途中で小腹が減ったので量かなり少な目のバクソを食べる

4275.jpg


お水をがぶがぶ飲んでちょっと休んだらすぐ出発♪


4261.jpg


ぶーん お天気最高♪ 車もいないし 自分のペースのスピードで走れるねー

4263_20160215224542700.jpg


お得意の右手アクセル
左手デジカメの流し撮り♪ 何が取れているかはあとでのお楽しみ♪

4264_201602152252315bf.jpg


4269.jpg

車やバイクがごちゃごちゃしだしたらシガラジャの街だ。
そこを越えて~~・・・

4287_201602152255330e2.jpg


やったぁーーーついた♪♪ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

4277.jpg


もう今日はバイク乗らないもんねーーー
顔も鼻の中も真っ黒だからシャワー浴びたいけどその前に1杯♪

MapM-3.jpg



テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 自由旅行 一人旅 バイク旅 交通手段

バリ島一筆の旅2014年11月 厄払い??

さて、2日目の朝
こりゃもーーすんごい気持ちが良い朝なのですよ。
チャンディ・ダサの並みは小さかったとはいえど、海までは30秒いや20秒
並みの規則正しいリズムが聞こえてきたと思ったらあー朝だった。

4236.jpg


お腹いっぱいになると眠くなるのが運転中怖いのであまり食べたくないけど、腹が減ってイライラした運転になるのも避けたいよね。

トーストとコーヒー 卵はサニーサイドアップで♪ (←これまた結構ボリュームある)

とっても良い宿でした。これからチャンディダサで宿泊するときはここを使おうって決めた。

ぶーーん
チャンディダサから先の峠はたくさんのトラックが連なっていた。もくもくと黒い煙を吐いてよっこいしょよっこいしょと登っていた。
もしかしてこれでアクセルはベタ踏みなのかなぁ? 積載オーバーなんだろうな

チャンスをうかがって追い越しをする。

ぶっとばす!私的にぶっとばす!
峠を降りて2つ目の町を右折すると真っ白なビーチがあるよと教えてもらったのだが、ぶっ飛ばすwぶっとばすw
とっくに過ぎていた。

4244_20160214225819349.jpg


何台ものトラックを抜いて2日目の目的地まで(2日目の移動距離が一番長い計画)頑張ろう。

今年の2月に訪れた小さな小さなトランベンの町はあっという間に抜けて、アグン山も見えてきて天気も味方してくれているようだよ。
そしてトランベンから先はとっても走りやすい空いたほぼまっすぐに近い道である。ここが好きだ。
道幅も広い、路面もきれい。右にはヤシの林の間から時々海。

とっても広いところに出てきたトラックたちはここで路肩により休憩なのか?ここから砂を運ぶのか?運んでいくのか?
荷台に砂を積んでいたり空荷だったり・・・

走っていると暑さってのは感じないものだけど、手首のグローブと上着の間のちょっとした隙間がチリチリする。
エンジンがなんだかだらけてきた。

出発してからノンストップの3時間。。。そろそろ休憩かな?
バイク休ませないとな。でも、次の町まで。できれば次の町までどれくらいかわからないけど、そこまで。

ん・・・リアのタイヤが重い

んーーーーーー? いくらエンジンがだらけていたとしても変だ。

これって・・・これってだよ?2年前に味わった感覚と一緒。リアのタイヤがおかしいぞ。
そうパンクだ。パンク

ハンドルを切ってちょっとジグザグに走ってみる。。。あーーー・・・確実
このぐにゃり感 大当たり ぱんぱかぱん ( ̄ω ̄;)

4255.jpg

まったくの空気が抜けてしまったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・さてと・・・・・・・・・・

周りを見渡せしてもまだ町には入っていない。
建物なんて見えない。

バイクを押すかな・・・・・・・・・・

降りて押し始めると乗っていて快適だった風も止まり、一気に熱気だ。
しかもちょっとだけの登り坂。

ファイトーーーー!!! イッパーーーーーーーーーーーッツ

タイヤがパンクして接地面が増えるとこんなに重くなるとはね。

鉄板なんか取り扱っているのかな?倉庫みたいなところにおばちゃんがいた。

すみません この近くにベンケル(バイク修理屋さん)はありませんか?

いきなりの異国人に おばちゃん!おばちゃん!眉間にシワ!シワ!聞こえてないのかな?

もう一度言う。

すると「この先にあるわ」指さしてくれた。
どのくらい? 「5分くらい」

よかった近かった。

バイク押した。それから人に合わなかった。んーーーそろそろの距離だよな・・・

次の人発見!

す、すみません この辺にベンケルはー・・・

「ん?ベンケル?」

そうです。ベンケルです。

「どうしたの?」

パンクしちゃって・・・バイクのリアのタイヤを指さした。
そしたらお兄さんいきなりでかい声で誰かを呼んだ。

「ここ、ベンケルだよ」えーーベンケルの前なのにわからなかったの???みたいな感じで大笑いされた。
指をさしたところは道よりちょっと高い位置に奥まったところにある・・・倉庫?
こりゃわかんねーわ
あたしもてへへって感じでつられて笑ってしまった。なんでもポジティブなバリの人が好きだわw

「バイク貸して」

それからお兄さんはベンケルのおじさんを呼んでくれて話をしてくれた。

4257.jpg

私がなんか説明しなきゃいけないんだろうけど、「そこに座って待っていなよ」って言ってくれて「じゃあね」ってどこかへ行ってしまった。
お店の人じゃないんだ・・・
おっちゃんはなれすぎている足を折りたたんで座る安定した姿勢にずっとこういう姿勢で仕事しているんだな~ってふと思った。

0337.jpg


おっちゃんっは無口だった。職人肌か? それとも言語の問題か?
ずーーっと無口だったんだけど、こっちを見ている あ、あたしに用かな??

すると「おいで」って手招きをされていくと・・・

4258.jpg


チューブを見せてくれた。
ひどい・・・ズタズタだった。 げーーーーーーーーーーーーーー (;´д`)ノ いたたたた~ チューブがいたたたたた

その次に見せてくれたのは
そのズタズタにした犯人だった。

0402.jpg


6cmはあるわな  こんにゃろ
なんつーかほんと よく刺さったわって思うね・・・

ゾッっとした。
峠でなくてよかった事。
ハンドル取られて転ばなくてよかった事。
ベンケルが近くにあって修理してくれる人がいた事。

ありがとうありがとうありがとう

不幸中の幸い。

チューブを手際よく交換してくれたあと、メインスタンドを外すときに「ん?」と思ったのか?
左のブレーキレバーをチョイチョイといじってる。

あ、
左のブレーキレバーの遊びが多くて気になっていたのだ。
それをおやっさん!(おじさんからおやっさんになる)

直してくれた・・・ すげーー すげーーー  涙ものである。

「このクギは持って行きなさい」という
それから私のお守りになった。

出来上がったころにバイクを急な坂からおろしてくれたのは私がベンケルの前で「ベンケルはどこですか?」って聞いたお兄さん。
おやっさんは次に来たお客のバイクをまた同じ格好で座っていじり始めていた。

「どこへ行くの?ロビナ??? まだ遠いね気を付けてね。」
ありがとうありがとう

私はこのありがとうの気持ちを伝えきれているだろうか?
本当にありがとう

MapM-2.jpg


まだまだこんなところw

↓バリ雑貨Cicak!チチャのお店はこちらから
Cicak!green

テーマ : バリ島
ジャンル : 海外情報

tag : バリ雑貨 バリ島 一人旅 バイク旅 パンク 交通手段 バリ島一周

プロフィール

Cicak!

Author:Cicak!
お日様の太陽沢山浴びて
今日も元気♪
大きな声で笑いましょう

バリ雑貨Cicak!
http://www.cicak-bali.com

バリのインテリアやアタバッグ、ファッションやタバナン焼、バリの香りのインセンス、人気のバリの柔軟剤モルトも扱っているバリ雑貨通販ショップです。

ちょっとのぞいてみてね♪

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。